A15 Bionicを搭載した「iPad mini (第6世代)」のML性能はiMac Pro (2017)より高い。

スポンサーリンク

 A15 Bionicを搭載した「iPad mini (第6世代)」のML性能はiMac Pro (2017)やMacBook Air (M1, 2020)より高いそうです。詳細は以下から。

iPad mini (第6世代)

 Appleは日本時間2021年9月15日午前2時から開催したスペシャルイベント「California streaming.」の中で、オールスクリーンデザインのiPad mini (第6世代)を発表し、このiPad mini (第6世代)にはiPhone 13 Proシリーズと同じ新しい16コアのNeural Engineを搭載したApple A15 Bionicチップが使用されていることがわかっていますが、

Apple A15 BionicチップのApple A15 Bionicチップを搭載し16コアNeural Engine

App Store Best 2018などを受賞したグラフィックスツール「Pixelmator」シリーズを開発しているリトアニアのPixelmator Teamが行ったテストによると、A15 Bionicチップ/16コアNeural Engineが利用可能なiPad mini (第6世代)のML性能は、2017年に発売されたSkylake-W世代のIntel Xeon Wプロセッサを搭載したiMac Pro (2017)より高いそうです。

sixth-generation iPad mini wit Pixelmator

And in other ML news, the sixth-generation iPad mini is now available. It sports the new A15 Bionic chip with a 16-core neural processor, which is around 40% faster than the previous generation. We ran a quick test that we’ve done previously and the iPad mini came in at 0.41s to upscale a 0.3 megapixel image. That’s faster than the 2017 iMac Pro!
Mac

ML Super Resolution gets an update – Pixelmator Blog

 Pixelmator Teamによると、Pixelmator Proの機能の1つでMLモデルを使用し写真や画像の解像度を高解像度化するML Super Resolutionを利用して、300,000ピクセルのイメージを3倍に拡大するまでにかかった時間を測定したところ、iMac Pro (2017)が0.56sだったのに対し、iPad mini (第6世代)は0.41s で処理を終えたそうです。

Mac/iPad Compute time
MacBook Pro (13-inch, Mid 2012) 61.6s
MacBook Air (13-inch, 2018) 13.7s
iMac Pro (2017) 0.56s
M1 MacBook Air (2020) 0.51s
iPad mini (Sixth generation) 0.41s

 また、同じテストではApple M1チップを搭載したMacBook Air (M1, 2020)が0.51sだったため、今後新しいApple Mシリーズ搭載のMacやiPadが発売されれば、ML性能はA15 Bionicと同程度かそれ以上になると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    Macばかりの環境で仕事してても、
    iMac proなんてYouTubeくらいでしかみたことなかったな。