Apple、macOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに複数の脆弱性を修正した「セキュリティアップデート 2021-005/-004」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに複数の脆弱性を修正した「セキュリティアップデート 2021-005/-004」をリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2021年07月19日、macOS 10.14 MojaveととmacOS 10.15 Catalina向けにSafari 14.1.2をリリースしましたが、21日付けで新たにmacOS 10.14.6 Mojave向けに「セキュリティアップデート 2021-005 Mojave」、macOS 10.15.7 Catalina向けに「セキュリティアップデート 2021-004 Catalina」を公開しています。

Security Update 2021-004 Catalina 21 July 2021

セキュリティアップデート2021-004をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。

リリースノートより

 Appleのセキュリティコンテンツによると、セキュリティアップデート2021-005 MojaveではCVEベースで20件、セキュリティアップデート2021-004 CatalinaではCVEベースで26件の脆弱性が修正されているほか、複数のセキュリティ研究者協力の下、configdやCoreServices、CoreText、crontabs、IOKit、libxml2、Spotlightの問題が修正されているそうです。

Additional recognition

 セキュリティアップデート適用後のmacOS 10.14.6 MojaveおよびmacOS 10.15.7 CatalinaのBuild Numberは以下の通りで、Mojaveのセキュリティアップデートが1.78GB、Catalinaが1.43GBあるので、macOS MojaveとCatalinaを利用されている方は休日中にアップデートしておくことをお勧めします。

セキュリティアップデート後のビルドナンバー

Version
Build
macOS 11 Big Sur macOS 10.15
Catalina
macOS 10.14
Mojave
macOS 11 Big Surのロゴ macOS 10.15 Catalina
2020年11月12日の
アップデート
macOS 11.0.1
20B29
(初期リリース)
macOS 10.15.7
19H15
macOS 10.14.6
18G6032
2020年12月14日の
アップデート
macOS 11.1 Big Sur
20C69
macOS 10.15.7
19H114
macOS 10.14.6
18G7016
2021年02月01日の
アップデート
macOS 11.2 Big Sur
20D64
macOS 10.15.7
19H512
macOS 10.14.6
18G8012
2021年04月26日の
アップデート
macOS 11.3 Big Sur
20E232
macOS 10.15.7
19H1030
macOS 10.14.6
18G9028
2021年05月24日の
アップデート
macOS 11.4 Big Sur
20F71
macOS 10.15.7
19H1217
macOS 10.14.6
18G9216
2021年07月21日の
アップデート
macOS 11.5 Big Sur
20G71
macOS 10.15.7
19H1323
macOS 10.14.6
18G9323