iPadOS 15ではSwift Playgroundsを利用してiPad上でiPhone/iPadアプリを開発&App Storeに提出することが可能に。

スポンサーリンク

 iPadOS 15ではSwift Playgroundsを利用してiPad上でiPhone/iPadアプリを開発&App Storeに公開することが可能になります。詳細は以下から。

Swift Playgrounds

 Appleは現在、日本時間2021年06月08日から開催されているWWDC21の基調講演の中で、次期iPad用OS「iPadOS 15」ではiPhoneやiPadアプリをiPad上で作成することが可能になることが発表されました。

Build App on your iPad

 iPadOS 15では以前から噂のあったXcode for iPadがサポートされるわけではなく、現在AppleがMacとiPad向けに公開しているパズルを解きながらSwiftコードを学ぶことができる「Swift Playgrounds」アプリがIDEとして利用されるそうで、

iPhoneやiPadアプリを開発する

SwiftUIを利用した新しいプロジェクトタイプが用意され、このプロジェクトはMacのXcodeでも動作し、開発したアプリはそのままiPad上で試した後にiPadから直接App Storeへ申請できるようになっているそうです。

iPhoneやiPadアプリを開発するにはSwift Playgrounds

 これによりAppleはiPadが今まで利用されてこなかった現場でもiPadが利用されるようになると思うとコメントしているので、一部の開発の現場ではiPadがMacに置き換わるかもしれません。