Apple、他のユーザーと体験を共有できるSharePlayや写真内テキストの認識表示などをサポートした「iOS 15」を発表。

スポンサーリンク

 Appleが他のユーザーと体験を共有できるSharePlayや写真内テキストの認識表示などを追加した「iOS 15」を発表しています。詳細は以下から。

Move to iOS

 Appleは日本時間2021年06月08日より、世界開発者会議(WWDC21)を完全オンラインでで開催していますが、その基調講演の中で次期iPhone用OSが「iOS 15」になることが発表されました。

iOS 15

 iOS 15は現在の状況に合わせAppleOSのデフォルト・ビデオ通話アプリである「FaceTime」アプリで空間オーディオがサポートされ、複数人での通話時に、まるで同じ部屋で会話しているかのような音響が得られる「Spatial Audio」機能が追加されます。

Spatial Audio coming iOS 15

 また、iOS 15ではユーザーがApple Musicで聞いている曲やApple TV+で再生している動画/映画、現在表示しているスクリーン(ホーム画面?)を他のユーザーとリアルタイムで共有できる「SharePlay」がサポートされます。

SharePlay

SharePlayはマルチタスクに対応しており、例えば他のユーザーと同じ映画を見ながらデリバリーの注文をすることも可能で、このFaceTimeの新機能とSharePlayはiOS 15やiPadOS 15はもちろん、次期macOSでも利用できるようになります。

SharePlay and New FaceTime

 iOS 15ではこの他、iPhoneでのドラッグ&ドロップの改善、Safariでの音声検索、全く新しい地図アプリ、通知をまとめてくれる「Notification Summary」などが追加/アップデートされる予定です。

iOS15の新機能