Bombich Software、Appleと協議していたApple Silicon MacのシステムボリュームのクローンをmacOS 11.3 Big Sur以降で再サポートした「CCC v5.1.27」のBeta版を公開。

スポンサーリンク

 Bombich SoftwareがAppleと協議していたApple Silicon MacのシステムボリュームのクローンをmacOS 11.3 Big Sur以降で再サポートした「CCC v5.1.27」のBeta版を公開しています。詳細は以下から。

Carbon Copy Clonerのアイコン。

 米Bombich Softwareは現地時間2021年05月11日、macOSの起動可能なバックアップ(クローン)を作成できるバックアップユーティリティ「Carbon Copy Cloner (以下、CCC)」の次期アップデートとなるCCC v5.1.27 Beta1を公開し、同バージョンよりApple Silicon Macのシステムボリュームのクローンの作成を再びサポートしていると発表しています。

Carbon Copy Cloner v5.1.27b

This build adds (again) support for System volume cloning on Apple Silicon Macs running macOS Big Sur 11.3 and later. Please bear in mind that this does not mean CCC will automatically and immediately start copying the System volume on your Apple Silicon Mac.

リリースノートより

 Apple Silicon Macのシステムボリュームの複製(クローン)は、システムボリュームを署名付きにするセキュリティ機能Signed System Volume (SSV)」が採用されたmacOS 11 Big Sur以降でも、Appleの「Apple Software Restore(ASR)」を利用することで可能でしたが、Apple Silicon Macで採用されているストレージプロトコルApple Fabricとの不具合により、サードパーティ製バックアップツールを利用するとコピーが失敗するまたはカーネルパニックが発生する状況にありました。

System volume cloning is not supported on Apple Silicon Macs

System volume cloning is not supported on Apple Silicon Macs
Apple’s ASR utility cannot reliably copy to and from the new “Apple Fabric” storage in Apple Silicon Macs. Attempting to do so either fails, or results in a kernel panic.

macOS Big Sur Known Issues – Bombich Software

 Bombich SoftwareのMikeさんは、この問題をAppleに報告し、Appleからサードパーティ製アプリでもmacOS 11 Big Surボリュームの完全なクローンを作成できるようASR(Apple Software Restore)を改善するとコメントを受け取っていましたが、この修正がmacOS 11.3で行われていたようなので、将来のCCCのアップデートではApple Silicon Macの起動可能なバックアップの作成が可能になると思われます。

Carbon Copy Cloner

CCCアプリ自体は既にUniversal 2 Binary化されています。

コメント

  1. まっちゃん より:

    いつも貴重なMac情報ありがとうございます。Intel Macでも同じアップデートがありましたので、早速クローン作製したのですが、従来通りクローン先のディスクへの起動ディスク切替ができません。この件は、Catalinaの後期から出ていた症状で、作者に問い合わせたら、AppleのASR(Apple Software Restore)の問題と知らされました。CCCでクローン作成したディスクへは、Optionブートでは切り替え、起動ができますが、環境設定の起動ディスクには出てきません。まだ、M1 Macでは試していませんが、本当にクローン作成、ディスク切替と起動ができるかは疑問です。
    Appleチャネルさんは、実機で確認されましたか?ぜひそのレポートが欲しいものです。