Nikon、macOS 11 Big Surに対応しiPhone 12で撮影した画像を開けない問題を修正した「ViewNX-i v1.4.5」および「Capture NX-D v1.6.5」を公開。

スポンサーリンク

 NikonがmacOS 11 Big Surに対応しiPhone 12シリーズで撮影した画像を開けない問題を修正した「Capture NX-D v1.6.5」と「ViewNX-i v1.4.5」を公開しています。詳細は以下から。

Capture NX-D

 株式会社ニコンは昨年12月、NikonのMac版ソフトウェアとmacOS 11 Big Surでいくつかの機能に問題が確認されているとして発表していましたが、本日2021年03月02日、それらの問題を修正し、macOS 11 Big Surをサポートした「Capture NX-D v1.6.5」および「ViewNX-i v1.4.5」、「ViewNX-i & Capture NX-D v1.21.010」を公開したと発表しています。

一眼レフカメラ「D780」、ミラーレスカメラ「Z 50」用ファームウェアおよびソフトウェア「ViewNX-i」「Capture NX-D」「ViewNX-i & Capture NX-D」の最新版ダウンロードを開始

この度、一眼レフカメラ「D780」、ミラーレスカメラ「Z 50」用ファームウェアおよびソフトウェア「ViewNX-i」「Capture NX-D」「ViewNX-i & Capture NX-D」の最新版ダウンロードを開始いたしました。

一眼レフカメラ「D780」、ミラーレスカメラ「Z 50」用ファームウェアおよびソフトウェア「ViewNX-i」「Capture NX-D」「ViewNX-i & Capture NX-D」の最新版ダウンロードを開始 – Nikon

 ViewNX-i v1.4.5およびCapture NX-D Ver.1.6.5ではmacOS 11 Big Surの対応に加え、Rosetta 2ベースではあるもののApple Silicon Macでも利用できるようになっており、iPhoneで撮影した画像が開けない問題も修正されているそうなので、Nikonユーザーの方はアップデートしてみてください。

Capture NX-D

今回のアップデートではAppleがBig Surリリースと同時にセキュリティアップデートの配布を終了したmacOS 10.13 High Sierraのサポートが終了されています。

ViewNX-i Ver.1.4.4 から Ver.1.4.5 への変更内容

  • iPhone 12 で撮影した画像が開けない現象を修正しました。
  • Capture NX-D でヴィネットコントロール補正した画像を ViewNX-i で再生すると発生する問題を修正しました。
  • macOS Big Sur バージョン 11 に対応しました。
  • macOS High Sierra バージョン 10.13 をサポート OS 対象外としました。

Capture NX-D Ver.1.6.4 から Ver.1.6.5 への変更内容

  • iPhone 12 で撮影した画像が開けない現象を修正しました。
    ※ 拡張子を JPEG から JPG に変更する必要があります。
  • AdobeRGB のファイルを JPEG にファイル変換すると、色味が大きく変わる現象を修正しました。
  • macOS Big Sur バージョン 11 に対応しました。
  • macOS High Sierra バージョン 10.13 をサポート OS 対象外としました。