Brydge、第7/8世代用トラックパッド付きキーボード「Brydge 10.2 MAX+」を発売。iPad Pro用「Brydge Pro+」でマルチタッチをサポートするファームウェア・アップデートも提供予定。

スポンサーリンク

 Brydgeが第7/8世代用トラックパッド付きキーボード「Brydge 10.2 MAX+」を発売すると発表しています。詳細は以下から。

Brydge 10.2 MAX+

 Apple Storeでも販売されているiPad用キーボードBrydgeシリーズを開発&販売している米ユタ州のサードパーティ製メーカーBrydge Technologiesは現地時間2021年02月17日、10.2インチディスプレイを搭載しApple Pencilに対応した2019年発売のiPad (第7世代)、および2020年発売のiPad (第8世代)用のトラックパッド付きワイヤレス・キーボードケース「Brydge 10.2 MAX+ (BRY8012)」を新たに発売すると発表しています。

Brydge 10.2 MAX+

 Brydge 10.2 MAX+はキーボードとiPadケースを磁石を利用して着脱できる「Magnetic SnapFit Clamps」と名付けられた新しいヒンジが特徴のキーボードケースで、iPadケースはAppleデバイス向けのケースを開発しているOtterBoxが制作し、約1.2mの高さから落下させるMIL-STD-810G規格をクリア。

Brydge 10.2 MAX Plus for iPad 7 and 8 Gen

 Brydge 10.2 MAX+のサイズは257 x 180 x 18.5 mm、重さ644 gと、iPad Pro用のBrydge Pro+ 11.0 (247.6 x 178 x 6.7 mm、重さ550 g)と比較して厚く重くなっていますが、シリーズ史上最大のマルチタッチ対応トラックパッドと毎日2時間の使用想定で最大6ヶ月利用できるUSB-C充電式のバッテリーが搭載されており、価格は129.99ドルで3月末より発売が開始されるそうです。

スポンサーリンク

Brydge Pro+ファームウェア

 また、Brydgeは2020年に発売したiPadOS対応のトラックパッド付きBluetoothキーボードBrydge Pro+のファームウェア・アップデートを定期的に提供しており、前回のv1.0.3アップデートではスムーズな垂直/水平スクロールとAppスイッチャーから2本指の上スワイプでアプリを終了できるようになっていましたが、

次回(4月予定)のファームウェア・アップデートではAppleのMagic Trackpadと同じマルチタッチジェスチャーをサポートする計画で、02月24日にPre-Rlease Access、03月03日にPublic Beta版を公開するそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Brydge Connect Plus for iPad Pro firmware update

Set to be officially released in April, our latest firmware update will instantly bring native multi-touch capabilities to the Pro+ trackpad. Enabling a natural experience, just like you’re used to.Once released, existing and new Pro+ customers will be able to update their device in a matter of seconds via the Brydge Connect app.

Multi-touch Beta – Brydge