macOS 11.1 Big Surで新規作成や保存ダイアログのサイズが記憶されない/ダイアログ表示中にウィンドウがドラックできない不具合。

スポンサーリンク

 macOS 11.1 Big Surで保存ダイアログのサイズが記憶されない/ダイアログ表示中にウィンドウがドラックできない不具合があります。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surのロゴ

 Appleは日本時間2020年11月13日より、デザインを刷新したmacOS 11 Big Surの提供を開始しましたが、このBig Surでは保存ダイアログなどのDocument-Modal Dialogsがシートデザインからボックスデザインへ変更されましたが、このBig Surのダイアログでいくつかの不具合が確認されています。

macOS 11 Big SurのDocument-Modal Dialogs

macOS 11 Big Sur(左)とmacOS 10.15 Catalina(右)の保存ダイアログ

サイズが保存されない

 macOSのアプリケーションダイアログはファイルやドキュメントの名前と保存場所を指定するコンパクトなダイアログの他に、新規フォルダや保存場所に指定したフォルダにあるファイルを参照できる拡張ダイアログらありますが、

Appleが現地時間2020年12月14日にリリースしたBig Surの最新バージョンとなるmacOS 11.1 Big Sur Build 20C69では、この拡張ダイアログのサイズが記録されずに、新規/保存ダイアログを開くたびにダイアログのサイズが初期化されてしまう不具合が確認されています。

ダイアログ表示中にドラックできない

 また、macOS 11.0 ~ 11.1 Big Surではダイアログを表示してグレーアウトになっているアプリケーションウィンドウをドラックできない不具合も確認されており、

これに関してはツールバー上下の数ピクセルだけがドラッグできる場合があるそうなので、問題に遭われている方は試してみてください。

これらは既にAppleにバグレポートが上がっているそうなので、来年リリース予定のmacOS 11.2では修正されていると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    >macOS 11 Big Sur(右)とmacOS 10.15 Catalina(左)の保存ダイアログ

    逆じゃね

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。先程訂正したので、WordPressのキャッシュがクリア後に修正されていると思います。
      >macOS 11 Big Sur(左)とmacOS 10.15 Catalina(右)の保存ダイアログ

  2. 匿名 より:

    こういう細かいバグは把握しててもなかなか直してくれなかったりすんだよな