Macのディスプレイの角を丸めてCRTを再現するアプリ「Displaperture」が、今度はiPhoneのような表示を可能にするアプリとしてApple Silicon対応のユニバーサルアプリとなりMac App Storeでリリース。

スポンサーリンク

 Macのディスプレイの角を丸めてノスタルジックなCRTディスプレイを再現するアプリ「Displaperture」がiPhoneのような表示を可能にするアプリとしてApple Siliconに対応したユニバーサルアプリに。詳細は以下から。

Displaperture for Mac

 DisplapertureはウィンドウマネージャアプリMoomなどを開発しているMany TricksのRob Griffithsさんらが2007年にリリースしたアプリで、当時最新のIntel iMacで液晶ディスプレイの角を丸めてノスタルジックなCRTディスプレイ(eMac)を再現するために開発されたアプリでしたが、このアプリが約2年ぶりにアップデートされ「Displaperture 2.0」としてリリースされています。

Displaperture Round your display's corners

Displaperture rounds your display corners, which was a CRT nostalgia thing when we first created the app all the way back in 2007. Amusingly, though, it now seems modern again, thanks to the advent of rounded iPhone displays and macOS Big Sur’s fondness for rounded rectangles.

‎Displaperture – Many Tricks

 Displapertureは約2年間アップデートされず、ほぼメンテナンス状態にありましたが、Griffithsさんは角が丸い最新のiPhoneとmacOS 11 Big Surの出現により、Macで最新のiPhoneのような表示を可能にするアプリとして再びDisplapertureをアップデートしたそうで、機能的には前バージョンとほぼ変わりなく、設定ウィンドウで丸くしたい角をチェックして半径を決めるだけで、Macのディスプレイの角がiPhoneやiPadのように丸くなります。

 Displapertureで丸められてしまった角は黒くなっているだけで、その部分にあるメニューやアイコンはマウス操作可能となっており、IntelとApple Silicon Macでネイティブ動作するUniversal Binaryアプリとして無料でMac App Storeに公開されているので、興味のある方は試してみてください。

Displaperture on MacBook Air

DisplapertureはDockアイコンもメニューバーアイコンも持たずバックグラウンドで動作するため、設定ウィンドウを一度閉じてしまうと何も表示されないので、使用を終了する場合は再びアプリを起動して[Quit]ボタンで終了する必要があるそうです。
スポンサーリンク

Displaperture v2.0のリリースノート

New Features

  • Added an app update mechanism.

Bug Fixes and Improvements

  • Displaperture is now a universal app, built for both Apple silicon and Intel Macs.
  • Displaperture no longer covers the entire display with an invisible window. This improves compatibility with system security mechanisms that affect things like enabling Safari extensions.