MacのFaceTimeカメラやWebカメラから取り込んだ映像を半透明のレイヤーにしてディスプレイ上に表示してくれるユーティリティ「Vidrio」のPro版が無償化。

スポンサーリンク

 MacのFaceTimeカメラやWebカメラから取り込んだ映像を半透明のレイヤーにしてディスプレイ上に表示してくれるユーティリティ「Vidrio」が無償化されMac App Storeでリリースされています。詳細は以下から。

Vidrio for Mac

 Vidrioは英ロンドンのJim Fisherさんが2017年から開発を続けているMac用ユーティリティで、Macに接続されたFaceTimeカメラやWebカメラから取り込んだユーザーの映像を、Macのディスプレイ上にレイヤー化して表示してくれる機能がありますが、Fisherさんは、現在、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受けてリモートワークを余儀なくされているユーザーを支援するためとして、このVidrioを無償化して公式サイトやMac App Storeで公開したと発表しています。

Vidrio puts your webcam stream behind your windows. Then you share or record your screen — suddenly, your holographic screen floats between you and your audience. You gesture with your hand, and their heads follow. Vidrio makes for effortlessly engaging screencasts.

Vidrio – Mac App Store

スポンサーリンク

Vidrio

 Vidrioの使い方はアプリを起動して、メニューバーに表示されるVidrioアイコンから利用するWebカメラを選択して、ディスプレイ上に表示されるWebカメラからの映像の不透明度を調整するだけで、

Vidrioの使い方

後は、Macのディスプレイ上に表示されているアプリや映像の上にWebカメラから取り込んだ映像を半透明のレイヤーにして重ねてくれます。

 今回無料化されたVidrioはウォーターマークを取り外せるPro版(月額9.99ドル)で、Mac App Store版は04月01日のv1.12アップデートで、Webカメラの選択やダークモードのサポート、キーボードショートカットFn + Control + Pでのポーズなどに対応しているので、今話題のZoomやMicrosoftのSkype、Teams、Google Hangoutsなどを利用してWeb会議をされている方は試してみてください。

Vidrio v1.12

  • Webcam selector! If you have multiple webcams (e.g. an external webcam), you can now select it from the menu.
  • Dark mode support! Icons fixed for better visibility.
  • Nicer onboarding! Vidrio now gives basic instructions when you launch it.
  • Keyboard shortcut for pause/unpause (Fn+Ctrl+p). (Keyboard shortcuts currently beta!)
  • Add link from menu to website (e.g. to access support).
  • Show app version in menu.

Vidrio – Mac App Store