macOS 11 Big SurではShiftキーを押しながらFinderやアプリではフォルダ名にマウスカーソルをホバーすることで、アニメーションなしにプロキシアイコンを表示することが可能。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurではShiftキーを押しながらFinderやアプリではフォルダ名にマウスカーソルをホバーすることで、アニメーションなしにプロキシアイコンを表示することが可能になっています。詳細は以下から。

macOS 11 Big SurのFinderアイコン

 Appleは2020年11月13日にリリースした「macOS 11 Big Sur」で、macOS 10.15 CatalinaまでFinderやアプリのタイトルバーに表示されていたフォルダやファイルのアイコン(プロキシアイコン)を非表示にし、マウスカーソルをホバーしなければ表示しない仕様にしましたが、

この仕様ではタイトルバーからプロキシアイコンをドラッグ&ドロップしてフォルダやファイルの移動、ドラッグ&ペーストを行う際に数秒の遅延が起こってしまうため、AppleはmacOS 11.0.1 Beta 2でShiftキーによるアニメーションのスキップ機能を追加したそうです。(コメント欄でのご指摘ありがとうございます。)

 Apple AppKitチームのJeff Nadeauさんによると、Shiftキーを押しながらプロキシアイコンにマウスカーソルをホバーすると以下の通り、プロキシアイコンが表示される際のアニメーションをスキップし、瞬時にドラッグできるアイコンが表示されるようになっているので、これまでなかった数秒の遅延が煩わしかった方は試してみてください。

macOS 11 Big Surのプロキシアイコン

上がShiftキーなしでホバー、下がShiftキーを押した状態でのホバー。

コメント

  1. 匿名 より:

    いっそ文字の方をドラッグ&ドロップさせてほしい