macOS 11 Big SurでフルハイトのサイドバーになったFinderやアプリではフォルダ名にマウスをホバーすることでアイコンが表示される仕様になっているので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurでフルハイトのサイドバーになったFinderやアプリではフォルダ名にマウスをホバーすることでフォルダやファイルアイコンが表示される仕様になっています。詳細は以下から。

macOS 11 Big SurのFinderアイコン

 本日リリースされたmacOS 11 Big Surでは、サイドバーがあるFinderやアプリで、ツールバー(タイトルバー)が縮小されサイドバーがフルハイトになりますが、このフルハイトになったサイドバーのためか、これまでツールバーに表示されていたフォルダやファイルのアイコンが非表示になっています。

macOS 10.15 CatalinaのFindermacOS 11 Big SurのFinder
左にスライドしてサイドバーをチェックしてみてください。

 Finderやアプリのツールバーにあるフォルダやファイルのアイコンはマウスでドラッグ&ドロップすることでデスクトップやフォルダへ、そのフォルダやファイルを移動/書き出すことができるので、使っている方も少なくないと思いますが、

macOS 10.15 CatalinaのFinderでドラッグ&ドロップ

本日リリースされたmacOS 11 Big Surでは、このFinderやアプリのツールバーに表示されていたフォルダ/ファイルアイコンがデフォルトで非表示になっています。

 これはmacOS 11 Big Surの仕様のようで、macOS 11 Big SurのFinderやアプリでツールバーのフォルダやファイルアイコンを表示するには、一度Finderやファイルのタイトルにマウスをホバーする必要があります。

macOS 11 Big Surのフルハイトサイドバーとタイトルバー

 この仕様をユーザーが変更できるオプションは用意されていないので、ツールバーのタイトル横のアイコンを利用されていた方は操作がワンテンポ遅れることになりますが、とりあえずタイトルにマウスカーソルをホバーしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ありゃ。より裏技ちっくになったね

  2. 匿名 より:

    アイコンホスィ

  3. 匿名 より:

    Big Sur以前もアイコンをプレスホールドしなきゃいけなかったからテンポ的には大差ないな

  4. 匿名 より:

    フォルダアイコンが表示されるには一瞬待つ必要があるけど、ポインタが乗った瞬間にドラッグできるようになるから「操作がワンテンポ遅れる」にはならないよ。