オープンソースのシステムモニタリングアプリ「eul」がmacOS 11 Big Surで刷新されたウィジェットに対応。

スポンサーリンク

 オープンソースのシステムモニタリングアプリ「eul」がmacOS 11 Big Surで刷新されたウィジェットに対応していますます。詳細は以下から。

eul status monitoring app

 AppleはApple Silicon MacをサポートするmacOS 11 Big Surで旧ウィジェットを廃止し、iOS 14/iPadOS 14と同じウィジェット機能導入しますが、そのウィジェットにいち早く対応したMac用システムモニタリングアプリ「eul v1.4」がリリースされています。

macOS 11 Big Surの通知

 eulは中国北京のGao-sunさんがオープンソースで開発しているMac用システムモニタリングアプリで、MacのメニューバーにCPUやクーリングFan、ネットワーク、メモリ、バッテリーの使用状況を表示してくれますが、

eul for macOS 10.15 Catalina

Features

  • Introducing 4 Big Sur widgets: CPU, memory, battery and network
  • Added APFS disk usage status bar component

gao-sun/eul: 🖥️ macOS status monitoring app written in SwiftUI. – GitHub

eul v1.4ではmacOS 11 Big Surで利用可能なCPU、Memory、Network、Batteryウィジェットが同梱されており、通知センターからもMacのシステム情報を確認することができるようになっており、APFSディスクの使用率表示も追加されています。eulはSwiftUIで開発されているためシステム要件はmacOS 10.15 Catalina以上で、brew caskでもインストールできるので、興味のある方は試してみてください。

eul for mac widgets

brew cask install eul