Mac用S.M.A.R.T.ユーティリティ「SMART Utility v3.2.7」がリリース。v3.xとしては最後の無料アップデートで、次期v4.0アップデートは有料に。

スポンサーリンク

 Macに接続されたSSDやHDDの自己診断情報をチェックできるS.M.A.R.T.ユーティリティ「SMART Utility v3.2.7」がリリースされています。詳細は以下から。

SMART Utility

 米ペンシルバニア州のVolitans Technology, LLCは現地時間2022年04月30日、2007年から開発を続けているMacに接続されたSSDやHDDのS.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)情報をチェックできるユーティリティ「SMART Utility」の最新バージョンとなる「SMART Utility v3.2.7」をリリースしたと発表しています。

SMART Utility 3.2.7

SMART Utility 3.2.7 has been released, which adds full support for Big Sur and Monterey.

  • NOTE: This is the last free version. Version 4.0 will be out soon, and will be a paid upgrade, unless you purchased after May 1st, 2016 and then it is free.
  • NOTE: This is the last version for 10.9 (Mavericks) and 10.10 (Yosemite), 10.11 (El Capitan), 10.12 (Sierra). Version 4.0 will only support 10.13 (High Sierra) and above.

SMART Utility 3.2.7 is Out! – Volitans Software

スポンサーリンク

SMART Utility v3.x

 SMART Utility v3.0は2011年に25ドルで発売され、無料アップデートが続けられてきましたが、開発者のMatthew J. Butchさんによると、SMART Utility v3.x系の無料アップデートは今回が最後で、次期SMART Utility v4.0では有料アップデートとなる予定で、

SMART Utility 3.2.7

加えて、OS X 10.9 MavericksからmacOS 10.12 Sierraまでのサポートもv3.xで終了し、SMART Utility v4.0ではmacOS 10.13 High Sierra以降のサポートとなるそうです。

SMART Utility 3.2.7のリリースノート

  • Enabled notarization
  • Disabled “Buy” options until new purchasing system is ready
  • Fixed a bug where outputting debug messages preferences would not properly change state
  • Fixed a couple interface bugs with the French translation
  • Fixed some formatting issues with Help
  • Updated to Sparkle 1.23

おまけ

 ちなみに、初期のApple M1チップ搭載のMacではSSDに異常な書き込みが発生し、SSDの寿命に影響を与えていたことが確認されており、Appleはこの問題をmacOS 11.4 Big Surまで修正していなかったので、SSDの状態が気になる方は、SMART UtilityやDriveDx、smartctlコマンドでチェックしてみてください。

DriveDxとSMART Utility

コメント

  1. 匿名 より:

    脱字報告です

    > Appleはこの問題を「macOS 11.4 Big Sur」まで修正していなかたので、

    「修正していなかったので」ではないでしょうか

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。先程修正したので、WordPressのキャッシュがクリアされる明日朝には修正されていると思います。