Apple、macOS 11.1 Big SurでmacOS 11.0.1アップグレード後に起動しなくなる問題が発生していた2013~2014年製のMacBook Proのサポートを再開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11.1 Big SurでmacOS 11.0.1アップグレード後に起動しなくなる問題が発生していた2013~2014年製のMacBook Proのサポートを再開しています。詳細は以下から。

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)

 Appleが現地時間2020年11月12日にリリースしたmacOS 11.0.1 Big Sur Build 20B28では、2013年から2014年にかけて開発されたMacBook Pro 13-inchモデルにBig Surがアップグレードできない/アップグレード後に起動しなくなる(文鎮化する)不具合が報告され、Appleは一時、不具合が報告されているMacBook ProのBoardIDを除外したBig Surのインストーラーを公開していましたが、

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)

現地時間2020年12月14日にリリースされた「macOS 11.1 Big Sur Build 20C69」のインストーラーでは、BoardID「Mac-189A3D4F975D5FFCが再び追加され、対象のMacBook Proへのインストールが可能になっています。

macOS 11.1 Big Sur Build 20C69 return BoardID Mac 189A3D4F975D5FFC

 ただし、Appleは現在のところサポートページをアップデートしておらず、文鎮化するとBoot画面が表示される前に固まり、Time Machineバックアップがあっても復旧できないため、対象のMacBook ProをBig Surへアップグレードされる方は注意してください。

スポンサーリンク

MacBook Proの文鎮化問題

対象のMacBook Pro

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)

タイムライン