Microsoft、Office 2016 for Macのサポートを終了。

スポンサーリンク

 MicrosoftがOffice 2016 for Macのサポート終了を発表しています。詳細は以下から。

Office 2016 for Mac

 Microsoftは現地時間2020年10月13日、当初の予定通り2015年09月に発売を開始したMicrosoftのオフィススイートOffice 2016 for Macのサポートを終了したと発表しています(Office 2010も同時に終了しています)。

Microsoft、Office 2016 for Macのサポート終了

Today we mark the end of support for Office 2010 and Office 2016 for Mac. This means that we’ll no longer provide technical support, bug fixes, or security updates for these products, and organizations that continue to use them may face increased security risks and compliance issues over time.

Support for Office 2010—and Office 2016 for Mac—has ended – Microsoft

 既に発表されていたとおり、サポートの終了に伴いOfficeのデータが失われることはありませんが、今後はMicrosoftからOffice 2016 for Mac用の新しいソフトウェアやセキュリティ更新プログラムが発行されことはなく、電話やチャットによるテクニカルサポートの終了およびオンラインヘルプコンテンツなども削除される予定となっています。

End of support for Office 2016 for Mac

 MicrosoftはOffice 2016 for Macユーザーに対し、Microsoft 365かOffice 2019 for Macへアップデートするように勧めていますが、Office 2016 for Macのシステム要件がOS X 10.10 Yosemite以上だったのに対し、Office 2019 for Macはシステム要件がmacOS 10.14 Mojave以上のため、

Important: In order to upgrade to Microsoft 365 or Office 2019, your Mac needs to meet the minimum operating system and hardware requirements. With the release of macOS 10.15 Catalina, Microsoft 365 for Mac and Office 2019 for Mac currently support macOS 10.15, 10.14, and 10.13. For more information, see this article.

End of support for Office 2016 for Mac – Office Support

ユーザーはmacOSのアップグレードをしなければならなりませんが、4世代のmacOSのアップグレードは多くの不具合を発生させる可能性があり、そもそも利用しているMacがシステム要件外となっている可能性があるので、ユーザーの方は注意して検討してみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 MicrosoftはOffice for iPhone/iPadでもiOS 12/(iPad ProはiOS 11)のサポートを終了し、今後は最新のiOS/iPadOSおよび1つ前のiOS/iPadOSでOffice for iPhone/iPadをサポートしていくと発表しています。

Microsoft Office for iOS