iOS 14/iPadOS 14の時計ウィジェットは、ホーム画面上に設置すると徐々にずれて誤った時間を表示するようになるので注意を。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14の時計ウィジェットは、設置すると徐々にずれて誤った時間を表示するようになるので注意してください。詳細は以下から。


 Appleが現地時間2020年09月16日にiPhoneやiPad向けにリリースしたiOS 14/iPadOS 14では、Androidのようにウィジェットをホーム画面上に固定できるようになっていますが、このウィジェット内にある「時計ウィジェット」をホーム画面上に設置していると、時刻が徐々にづれ、誤った時間を表示するようになる不具合があります。

iOS 14の時計ウィジェットバグ

 この不具合はApple Support CommunitiesDeveloper ForumでBeta版から報告されていたようですが、リリース版でも修正されておらず、Appleのサポートは時計ウィジェットに設定されている都市が違うのではないかとツイートしていますが、正しい都市に指定していても、この不具合が発生することが確認されています。

 この不具合は時計アプリやウィジェットを起動したり、設定アプリの[一般] → [日付と時刻]で自動時間設定のON/OFFを行うと、正しい時間を示すようになるようですが、Developer ForumによるとiOS 14のウィジェットでは、他にも天気やバッテリー充電などが表示されない不具合も発生しているそうなので、利用される方は注意してください。

コメント

  1. yamafd より:

    iPhoneを再起動してからは、とりあえずズレてないです。

  2. 匿名 より:

    この程度すらまともにブラッシュアップせずに出してんのかよ