Apple、macOS 11 Big SurやwatchOS 7のバリアブルフォントに対応したSFフォントおよびNew Yorkフォントをリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11.0 Big SurやwatchOS 7のバリアブルフォントに対応したSan FranciscoおよびNew Yorkフォントをリリースしています。詳細は以下から。

AppleのSan Francisco

 Appleは現地時間2020年06月21日より世界開発者会議(WWDC20)をオンラインで開催していますが、このWWDC20のセッション10104「Adopt the new look of macOS」ではデザインが刷新される次期「macOS 11.0 Big Sur」でmacOSのシステムフォント(例えばツールバー)にテキストスタイルが反映されることが発表されました。

Adopt the new look of macOS

The big news here is that textiles have come to Macos you might have seen this hierarchy of typographic styles on other platforms and now.It’s available for your text content on macOS as well the sizes and weights have been adjusted to fit the Mac design centering around our standard body font size of 13 points. it’s important to remember that this isn’t the same thing as Dynamic type.

Adopt the new look of macOS – WWDC 2020 – Videos – Apple Developer

 AppleがWWDC2015で今後のAppleOSのシステムフォントとして発表したSan Francisco(SF)フォントには代替スタイルセットに複数のスタイルがあり、フォントパネルの「タイポグラフィで様々なスタイルを適用できますが、macOS 11.0 Big Surでは、まずフォントサイズが適用できるようで、

San Francisco

San Franciscoのタイポグラフィ

Appleは現地時間2020年06月23日、SF(SF Pro)フォントをアップデートし、新たにmacOS 11.0 Big Surのバリアブルフォントとトラッキング値をカバーしたと発表しています。新しいSFフォントのバージョンはv16.0d9e1で、Appleの公式サイトからダウンロード可能となっており、このバリアブルフォントはwatchOS 7/tvOS 14もサポートしるそうなので、興味のある方はダウンロードしてみて下さい。

San Francisco font v16

Beginning in macOS 11, the system provides the San Francisco fonts in the variable font format. This format combines different font styles together in one file, and supports interpolation between styles to create intermediate ones. With interpolation, typefaces can adapt to all sizes while appearing specifically designed for each size.

Typography – Visual Design – macOS – Human Interface Guidelines – Apple Developer

スポンサーリンク

おまけ

 現地時間06月27日にはmacOS 11.0 Big Sur/iOS 14にあわせて750以上の新しいシンボルを追加しMultiColorに対応したSF Symbols 2.0のセッションも予定されています。

SF fonts for macOS 11.0 Big Sur