AppleとGoogleが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、iPhoneとAndroidデバイスのBluetoothを利用し感染者との接触を検出・追跡する技術を提供へ。

スポンサーリンク

 AppleとGoogleが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、iPhoneとAndroidデバイスのBluetoothを利用し感染者との接触を検出・通知する技術を提供するそうです。詳細は以下から。

Apple and Google

 AppleとGoogleは現地時間2020年04月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐ活動を支援するため、iOSとAndroidデバイスのBluetoothテクノロジーを利用し、ユーザーのプライバシーとセキュリティを確保しながら感染者との濃厚接触を検出・通知する技術を今後共同で提供すると発表しています。

Privacy-Preserving Contact Tracing

新型コロナウイルス感染症は感染者との接触により伝染する可能性があり、公衆衛生機関は、感染拡大を抑える上で濃厚接触の検出·追跡が役立つ貴重な手法であると提唱しています。世界で多数の主要な公衆衛生当局や大学、NGO が、オプトイン形式の濃厚接触を検出·追跡する技術を開発するという重要な仕事に注力しています。これらの取り組みを推進すべく、AppleとGoogle はアプリケーション プログラミング インターフェイス(API)とオペレーティング システム(OS)レベルのテクノロジーから成る包括的なソリューションを確立し、濃厚接触の可能性を検出します。

AppleとGoogle、 新型コロナウイルス感染症対策として、 濃厚接触の可能性を検出する技術で協力 – Apple (日本)

スポンサーリンク

Blueoothによりトレーシング

 現在公開されている資料は全てドラフト段階ですが、Googleが公開した資料によると、例として「AliceとBobが初対面で約10分程度会話をします、その際、AliceとBobのiPhoneとAndroidでは、頻繁(15分毎)に変更される匿名の識別子ビーコンを交換します。数日後、BobがCOVID-19の陽性と診断され、その結果を公衆衛生局などのアプリに入力します。この結果とBobのスマートフォンに保存された過去14日間のブロードキャスト・ビーコンのキーを彼の同意を得てクラウドへアップロードします。」

Privacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energy

GoogleのPrivacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energyより

 さて次に、Bobと接触をしたAliceさんですが、「AliceはCOVID-19に感染した可能性がある人(Bob)の近くにいたことに気づかずに生活をしています。しかし、Aliceのスマートフォンには彼女の地域でCOVID-19のテストで陽性と診断された人々のキーが定期的にダウンロードされ、Bobが陽性と診断されブロードキャスト・ビーコンのキーを公開したことから、そのキーが彼女のスマートフォンに保存されているキーとマッチし、スマートフォンに「あなたは最近COVID‑19の陽性と診断された人と接触しました」というアラートが表示されます。」というプロセスにより、Aliceさんに感染者との濃厚接触を通知する仕組みになっているそうです。

Privacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energy

GoogleのPrivacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energyより

 COVID-19の陽性と診断され人との接触した可能性のあるAliceさんのスマートフォンの通知には、彼女が次に何をすべきかの情報が提供され、AppleとGoogleはBluetooth LEを利用したこのトラッキングはユーザーの同意はもちろん、個人を特定する位置情報や連絡先リストなどは収集されず、陽性と診断されてもAppleとGoogleおよび他のユーザーにも特定されないとコメントしています。

Privacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energy

Privacy-safe contact tracing using Bluetooth Low Energy

  • 明確なユーザーの同意が必要になります。
  • 個人を特定できるような情報または位置情報を収集しない。
  • ユーザーのスマートフォンにある連絡先情報は、ユーザーのスマートフォンから決して離れることはい。
  • 陽性と判断された人は他のユーザーおよびGoogleやAppleにも特定できない。
  • COVID-19パンデミックマネージメントのために公衆衛生当局による追跡のみに利用される。
  • スマートフォンがAndroidかiPhoneかは問題ではない。

おまけ

 ここまでのソリューションを見れば分かる通り、この仕組はWWDC 2019で発表され、iOS 13やmacOS 10.15 Catalinaで導入された、Appleデバイスをビーコン化し、オフラインでも紛失または盗難されたiPhoneやMacを見つける機能探す(Find My)とほぼ同じです。

Macを探す

「MacやiPhoneを探す」では位置情報が必要となります。

 Appleの場合はApple AチップおよびT2チップを搭載したAppleデバイスで「アクティベーションロック(Activation Lock)」をかけると、静的識別子と第三者に追跡されないように一定間隔で変更される公開鍵(PubKey)をBluetooth LEを利用して周囲のAppleデバイスに送信し、そこからAppleのサーバーへ送信される仕組みになっていますが、

Macを探すでE2E暗号化

AppleとGoogleは、これに共通のフォーマット(APIとOSレベルのテクノロジー)を適用し公開するようで、日本での導入は不明ですが、アメリカでは今年の05月から公衆衛生当局が提供するアプリで利用可能になるそうです。

まず、公衆衛生当局が提供するアプリを利用する Android及び iOS端末間で相互運用を実現するAPIを 5 月にリリースします。これらの公式アプリは、ユーザーがそれぞれのアプリストアからダウンロードできるようになります。

AppleとGoogle、 新型コロナウイルス感染症対策として、 濃厚接触の可能性を検出する技術で協力 – Apple (日本)

コメント

  1. 匿名 より:

    地方自治体(保健所)や厚生労働省が対応アプリを作るはずもなく、日本では絵に描いた餅。