米Apple、iPhoneの純正パーツと修理ツール&マニュアルをユーザーに提供する「Self Service Repair」を開始。

スポンサーリンク

 米AppleがiPhoneの純正パーツと修理ツール&マニュアルをユーザーに提供する「Self Service Repair」を開始しています。詳細は以下から。

iPhone 13 Pro blue

 Appleは現地時間2022年04月27日、昨年11月に発表していたとおり、デバイス修理の知識と経験を持つユーザーがiPhoneやApple M1チップ搭載のMacを自身で修理できるよう、Apple純正パーツとツール、マニュアルを提供する「Self Service Repair」プログラムを正式に開始したと発表しています。

Self Service Repair is now available

CUPERTINO, CALIFORNIA Apple today announced Self Service Repair is now available, providing repair manuals and genuine Apple parts and tools through the Apple Self Service Repair Store. Self Service Repair is available in the US and will expand to additional countries — beginning in Europe — later this year.

Apple’s Self Service Repair now available – Apple

スポンサーリンク

Self Service Repair

 プレスリリースによるとSelf Service Repairは、まずアメリカで開始され、今年後半にはヨーロッパをはじめとする他の国々にも拡大する予定で、アメリカのユーザーは本日よりiPhoneのディスプレイやバッテリー、カメラ、ディスプレイ、Taptic Enginなどの修理パーツと修理工具を「Self Service Repair Store」を通して購入できるようになっています。

Apple Self Service Repair Store

 現在のところ、Self Service Repair Storeで販売されるのは、iPhone 13、iPhone 12、iPhone SE (第3世代)用のパーツ200点以上で、当初発表していたApple M1チップ搭載のMac用パーツは今年後半に提供予定で、修理パーツや工具は、Apple認定の修理サービスプロバイダーに提供しているのと同じ値段で提供していおり、

バッテリーなどの一部のパーツは、使用済み/壊れたパーツをリサイクルのためにAppleに返却するとパーツの購入金額に応じたクレジットが与えられるようになっています。

iPhone 13のバッテリーは、購入時70.99を支払い、不要になったバッテリーを返却すると24.15のクレジットが与えられるため、実質は46.84ドルで交換可能。

 また、Appleは1回の修理のために、高価な修理用工具*を購入したくないユーザーのために、修理用工具をまとめた「Self Service Repair Tool Kit」の1週間レンタルも49ドル開始されており、

Heated Display Removal Fixture

*ディスプレイを取り外すHeated Display Removal Fixtureなどは200ドル以上します。

AppleはSelf Service Repairの公開に合わせて、iPhone 12, 13, SE (第3世代)用の修理マニュアルを公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

日本でSelf Service Repairが開始されるかは不明ですが、iPhoneは電波法(技適)絡みで難しいと思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    ニポンw