GitHubのコントリビューションをMacのメニューバーに表示してくれるユーティリティ「GitGrass」がリリース。

スポンサーリンク

 GitHubのコントリビューションをMacのメニューバーに表示してくれるユーティリティ「GitGrass」がリリースされています。詳細は以下から。

GitGrass

 GitGrassはCPU使用率に合わせてMacのメニューバーに常駐する猫などの動きが変わるRunCatなどを開発しているTakuto Nakamuraさんが新たに公開したユーティリティで、MacのメニューバーにGitHubアカウントのコントリビューション(a.k.a.草/芝生)を表示することが出来ます。

GitGrass for Mac

GitHubのアカウント名を設定すれば,メニューバーに草を生やすことができます。進捗度をいつも眺めることができて良いですね。

GitGrass – Mac App Store

 GitGrassは今の所、GiteeStreakerのように、GitHubのコントリビューションやストリークのカウント数表示には対応していないようですが、GitHubアカウントを入力するだけで最新1年間のコントリビューションの状態をチェックできるので、興味のある方は試してみてください。

Contributions