CPU使用率の変動によりメニューバーに常駐する猫の走り方が変わるMac用ユーティリティ「RunCat」が日本語に対応。

スポンサーリンク

 CPU使用率の変動によりメニューバーに常駐する猫の走り方が変わるMac用ユーティリティ「RunCat」が日本語に対応しています。詳細は以下から。

RunCat v7のアイコン

 RunCatは2018年末頃からTakuto Nakamuraさんが開発&公開しているMacのシステムモニタアプリで、メニューバーに常駐する猫などのキャラクターがMacのCPU使用率の変動に合わせて動きを変化させますが、このRunCatがv7.1アップデートで日本語に対応しています。

RunCat v7.1の日本語

新ランナー(有料)

  • 特別カラー版ランナーとしてメタルクラスタキャットを追加しました.

変更点

  • 日本語に対応しました.
  • 黄金のネコの品質をとっても良くしました.

RunCat – Mac App Store

 メニューバーに常駐する猫さんはCPU使用率が上がると英語や日本語圏の猫の鳴き方で鳴くといった機能はないので、RunCat v7.1では表示が日本語になるだけですが、RunCatは昨年末からのアップデートでネットワーク情報の表示にも対応し、引き続き無料で利用できるので、興味のある方は試してみてください。

RunCat v7.1

  • RunCat : 無料 – Mac App Store

コメント

  1. 匿名 より:

    Language選択ではなく日本語に変更になるんですね……。