数式のスクリーンショットをLaTeX形式に変換してくれる「Mathpix Snip for Mac」がLaTeX以外にWeb用のMathMLやAsciiMath、SVG、HTML、TSVフォーマットに対応。

スポンサーリンク

 数式のスクリーンショットをLaTeX形式に変換してくれる「Mathpix Snip for Mac」がLaTeX以外にMathMLやAsciiMath、SVG、HTML、TSVフォーマットに対応しています。詳細は以下から。

Mathpix snipping toolのアイコン

 スクリーンショットや写真から数式をLaTeX形式へ変換してくれるツールMathpix Snip」シリーズを開発&公開している米Mathpix Inc.は現地時間2020年03月04日、Mathpix Snip for Macアプリをv2.3へアップデートし、LaTeXフォーマット以外に数式をMathMLやAsciiMath, SVG, HTML, TSVフォーマットに変換する機能を追加したと発表しています。

Mathpix Snip for Mac v2.3

Mathpix Snipping Tools v2.3
What’s new:

  • Fixed rendering bugs for tables
  • Alternative formats in Data tab: asciimath, mathML, TSV, HTML, SVG

リリースノートより

 MathML(Mathematical Markup Language)やAsciiMath, SVGはWeb上で数式を表現する際によく利用されますが、Mathpix Snip for Mac v2.3では新たに[Data]タブが追加され、ここから読み取った数式をMathMLやAsciiMath, SVGフォーマットでクリップボードにコピーすることが可能になりました。

Mathpix Snip for MacでMatML

 LaTeXフォーマット含め、MathMLやAsciiMath, SVGフォーマットのオプションは設定パネルの[Formatting]から非表示にすることも出来ますが、MathMLやAsciiMath, SVGフォーマットへの変換を有効にしていても、無料で利用可能な1ヶ月50snips(スクリーンショット)という制限が変化することはないようなので、Web上などに数式を掲載したい方は試してみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 また、Mathpix Snip for Mac v2.3では先週対応したテーブル(表)のLaTeX変換をさらにHTMLやTSV(Tab-Separated Values)フォーマットへ変換することが可能となり、

Mathpix Snip for Macで表をHTMLとTSV

Android/iOSアプリではiPadなどのタブレット端末で手書きの数式をLaTeX形式へ変換&デスクトップアプリと同期することができるようになったので、タブレット端末をお持ちの方は試してみてください。