利用しているネットワークがAppleのサービスやAPNS、ソフトウェア・アップデートサーバーに接続できるかをチェックできるMac用ユーティリティ「Push Diagnostics」が最新のサービスに対応。

スポンサーリンク

 利用しているMacがAppleのサービスやAPNS、ソフトウェア・アップデートサーバーに接続できるかをチェックするユーティリティ「Push Diagnostics」が最新のAppleのサービスに対応しています。詳細は以下から。

Push Diagnostics

 Push DiagnosticsはBootCampのバックアップユーティリティ「Winclone」などを開発&販売している米Twocanoesが2013年から開発しているMac用ユーティリティで、現在のネットワーク環境からAppleがプッシュ通知サービス(APNS)ソフトウェア製品で利用しているサーバーへアクセス可能かをポートチェックしてくれる機能がありますが、このPush Diagnosticsがv3.xアップデートで最新のAppleのサービスに対応しています。

Push Diagnostics

Push Diagnostics v3.x

  • Expanded with new server and ports
  • Sortable Columns. More Columns. Color in Columns. Fixed issue for 10.14.

リリースノートより抜粋

 Push Diagnostics v3.xではApple DEP(Device Enrollment Program)サーバーに加え、デバイスセットアップサーバー、AppleのTチップ用OSBridgeOSの復元にアクセスが必要なサーバーとポートをチェックできるようになったので、システム管理者の方などはチェックしてみてください。

Device setup	humb.apple.com	443	TCP	iOS, tvOS, and macOS		Yes
Device setup	static.ips.apple.com	443,80	TCP	iOS, tvOS, and macOS		Yes
Device setup	tbsc.apple.com	443	TCP	macOS only	BridgeOS Updates	Yes
Software updates	gg.apple.com	443,80	TCP	macOS only	macOS updates	Yes
Software updates	gnf-mdn.apple.com	443	TCP	macOS only	macOS updates	Yes
Software updates	gnf-mr.apple.com	443	TCP	macOS only	macOS updates	Yes
Software updates	gs.apple.com	443,80	TCP	macOS only	macOS updates	Yes
Software updates	ig.apple.com	443	TCP	macOS only	macOS updates	Yes
Software updates	skl.apple.com	443	TCP	macOS only	macOS updates	—