Google、G Suiteのビデオ会議サービス「Hangouts Meet」がSafari v13をサポートしたと発表。

スポンサーリンク

 GoogleがG Suiteのビデオ会議サービス「Hangouts Meet」がSafari v13をサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

Google Hangouts Meet

 Googleは現地時間2020年02月10日、G Site Blogで、Googleがビジネス向けに提供しているG Suite向けビデオ会議サービス「Hangouts Meet」が、macOSのデフォルトブラウザであるSafari v13に対応したと発表しています。

Use Hangouts Meet with Safari

Quick launch summary
You can now use Hangouts Meet, including screen sharing functionality, with Safari version 13 or higher. This will create a simpler meeting experience for Mac users who prefer to use Safari as their default browser.

Use Hangouts Meet with Safari – G Suite Updates Blog

 Hangouts MeetはZoomやSkypeなどに代表されるビデオ会議サービスで、GoogleのChromeはもちろん、Safari以外のメジャーブラウザMozilla FirefoxやMicrosoft Edgeが既にサポートされていましたが、AppleがSafari v11からブラウザ間でリアルタイム コミュニケーションを可能にする「WebRTC」をサポートしたことでHangouts Meetが利用可能になったようで、

Safari v13は最新のmacOS 10.15 Catalinaだけでなく、macOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojaveにも提供されているので、G Suiteを導入されている企業の方はチェックしてみてください。