GitHub/Markdownに埋め込めるGIFアニメを簡単に作成できるMac用エンコードアプリ「Gifski」が最大60FPSでのGIFアニメ作成をサポート。

スポンサーリンク

 GitHub/Markdownに埋め込めるGIFアニメを簡単に作成できるMac用エンコードアプリ「Gifski」が最大60FPSでのGIFアニメ作成をサポートしています。詳細は以下から。

Gifskiアプリ

 Gifskiは元Googleのエンジニアで現在はPatronやGitHub Sponsorsの支援によりフルタイムでオープンソースに貢献しているSindre Sorhusさんが、YouTube(iframe)の埋め込みをサポートしていないGitHub(Markdown)用に高画質なGIFアニメーションを作成するために開発したGIFアニメ専用のエンコードアプリですが、このGifskiがバージョン2.6.0アップデートで最大60FPSでのGIFアニメの作成をサポートしています(サンプルは字幕工房さんより)。

Gifskiの60fps

バージョン 2.6.0

  • Support 60 FPS GIFs.
  • Bug fixes.

Gifski by Sindre Sorhus – Mac App Store

 60FPSでのGIFアニメの作成はオリジナルのMP4/MOVファイルが60FPS以上でなければならず、60FPSでGIFアニメを作成するとGIFアニメのファイルサイズが数百MBから数GBにもなる場合がありますが、

GifskiのFPSスライダー

Gifski v2.6.0での30fpsと60fpsの動画のエンコード

Sorhusさんはこの機能を高画質/高フレームレートで作品を見せたいデザイナー向けSNSDribbble」などで利用して欲しいとコメントしているので、興味のある方は使ってみてください。

Gifski v2.x以降ではトリミングと動画のサイズ選択が可能になっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    サイズかかさむ
    フルカラーではない

    もうGIFはいいから全般的にWebPに移行してほしい。