Adobe、macOS 10.15.2 CatalinaでPhotoshop 19.xの「Web用に保存」を行うとエラーとなってしまう不具合をv21.xで修正し、v21.0.3でAppleの公証を強化。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 10.15.2 CatalinaのMacでPhotoshop 19.xの「Web用に保存」を行うと「Adobe Save for Web Error」となってしまう不具合をv21.xで修正したと発表しています。詳細は以下から。

Photoshop 2020 v21.0

 Adobeは現地時間2020年01月29日、macOS 10.15.2 CatalinaへアップグレードしたMacで、Photoshop v19.xの「Web用に保存」機能を利用すると、「Adobe Save for Web Error」が出てファイルが保存できない不具合をPhotoshop v21.xで修正したと発表しています。

Adobe Save for Web Error on macOS 10.15.2

Adobe Save for Web Error

  • When you are using Photoshop 19.x on macOS 10.15.2 and select File → Export → Save for Web, you get an error “Adobe Save for Web Error: Could not complete this operation. An unknown error has occurred.”

Solution

  • Update to Photoshop 21.x

Photoshop and macOS Catalina (10.15) – Adobe

 また、Adobeは01月23日にリリースしたPhotoshop v21.0.3で、Appleが02月03日から施行するAppleの公証(Apple Notary Service)の強化に対し、その要件を満たすためEnhanced Runtimeを有効にしたと発表しているので、Photoshopユーザーの方はアップデートしてみてください。

Adobe Photoshop 21.0.3 About

2020 年 1 月(バージョン 21.0.3)リリース

  • (macOS)macOS アプリケーションに対する Apple の公証要件を満たすため、Hardened Runtime 機能を有効にしました。
  • (Windows)「被写体を選択」で発生するクラッシュの問題を修正しました。

Adobe Photoshop の解決済みの問題 – Adobe

スポンサーリンク

おまけ

 Appelの公証については、昨年10月にリリースされたAdobe Photoshop v20.0.7で初期対応しているので、新規インストールでもmacOS 10.15 CatalinaのGatekeeperでブロックされずに起動することができます。

Appleの公証サービスを通過したPhotoshop v20.0.7