Elgato、HEVCハードウェアエンコーダーを搭載しSDカードへの録画や2160p60 HDRをサポートしたキャプチャボード「4K60 S+」などを発売。

スポンサーリンク

 ElgatoがHEVCハードウェアエンコーダーを搭載しSDカードへの録画や2160p60 HDRをサポートしたキャプチャボード「4K60 S+」などを発売しています。詳細は以下から。

Elgato 4K60 S+

 iPhoneやiPadの画面をMacやPCへミラーリングし、YouTubeなどで配信できるアプリElgato Screen Linkなどを開発&販売しているドイツの周辺機器メーカーElgatoは現地時間2020年01月06日、CES 2020にあわせてキャプチャーボード「Elgato 4K60 S+」などを発表しています。

Elgato 4K60 S+

CES 2020, LAS VEGAS NV, January 6th, 2020 — Elgato, the leading provider of hardware and software for content creators, today announced the launch of both Elgato 4K60 S+, a cutting-edge external 4K60 HDR10 capture solution capable of standalone SD card recording, and Elgato Key Light Air, a compact model of the wildly popular Key Light LED panel.

Elgato and CORSAIR Launch New Products to Empower Content Creators at CES 2020 – Corsair

スポンサーリンク

Elgato 4K60 S+

 Elgato 4K60 S+は既に発売されているElgato Game Captureシリーズの最新モデルとなるゲーム配信用のキャプチャーボードで、前面にはオーディオ入力ポート、録画開始ボタン、SDカードスロット、背面にはUSB-C、電源(5V/2.4A)、HDMI In/Outポートを搭載し、

Elgato 4K60 S+

同シリーズとしては初めて、H.265として知られるHEVC (High Efficiency Video Codec)」のハードウェアエンコーダーを搭載し、PCに負荷をかけずに4K HDRのキャプチャー動画を256GB SDカードに最大7時間収録することが可能になっているそうです。

Elgato 4K60 S+のHEVCハードウェアエンコーダー

HEVCはIntelはもちろん、AppleのiOSデバイス向けのSoCA10やMacデバイス向けのApple T2以降でH/Wエンコーダーをサポートしています。

 また、4K HDR@60Hzのパススルー出力はもちろん、保存先をSDカードにすることでPCを必要とせず、ボタン1つでゲーム画面をキャプチャーするスタンドアローンモードや、PC接続ではHDR 10キャプチャー、マイク入力によるライブコメントの挿入、ライブラリへのエクスポートなどが可能となっています。

Elgato 4K60 S+ SDカードモード

 Elgato 4K60 S+のサイズは約142 x 111 x 32 mm、重さ約345 gで、本体の他に電源やUSB 3.0ケーブル、HDMI 2.0ケーブルを同梱し価格は未発表ですが発売時期は2020年Q1を予定。

 初期リリースのシステム要件はIntelの第6世代 Core i5またはAMD Ryzen 7以降およびNVIDIA GeForce GTX 10xx搭載したWindows 10 PCとなっているので、Macは今後のアップデートで対応するものと思われます。

Elgato Key Light Air

 また、ElgatoはiPhone/iPad/macOSからWi-Fi経由で操作可能なスタジオライトKey Lightの廉価モデルとなる80個のOSRAM LEDを搭載した「Key Light Air」も同時に発表しています。

Elgato Key Light Air