ATTO、Mac Pro (2019)に対応したFibre ChannelやSAS/SATA、10GbEネットワークカードアダプターのリストを公開。

スポンサーリンク

 ATTOがMac Pro (2019)に対応したFibre ChannelやSAS/SATA、10GbEネットワークカードアダプターのリストを公開しています。詳細は以下から。

ATTO

 ネットワークやデータインフラ・ソリューションを提供する米ニューヨークのATTO Technology. Incは現地時間2019年12月11日、Appleが12月10日に販売を開始したMac Pro (2019)と同社製品の互換性が確認できたとして、そのリストを公開しています。

ATTO Ready Mac Pro (2019)

Hello, world! The new Apple Mac Pro® is finally here!
ATTO and Apple® have worked in tandem to drive the digital media revolution since the early 1990s and ATTO is still the only choice for professionals who require the most out of their Apple platforms.

ATTO and Apple – Always Great Together – ATTO

スポンサーリンク

Mac Pro (2019)とATTO製品

 ATTO(アトー)の製品については、AppleがWWDC 2019でMac Pro (2019)を発表した際にHalf-length x1スロット、Single-Wide x3スロット、Double-Width x4スロットの合計8つのPCIeスロットで拡張できるPCIeカードとして、ATTOのFibre Channel HBAや10GbE NICを紹介していましたが、

ATTO products compatible with the 2019 Mac Pro

その他にも12/6Gb SAS/SATAホストバスアダプターのExpressSASやATTO ThunderLink Thunderboltアダプターなど以下の製品との互換性が確認できたと発表しています。

Hardware

ATTO Celerity Gen 6 Fibre Channel

  • ATTO Celerity シリーズ
    ▶ 32/16/8Gb Gen 6 Fibre Channelホストバスアダプター(HBA)およびATTO MultiPath Director
  • ATTO FastFrame シリーズ
    ▶ 100/50/40/25/10GbE ネットワークインターフェイスカード(NIC)
  • ATTO ExpressSAS シリーズ ▶ 12/6Gb SAS/SATAホストバスアダプター
  • ATTO ThunderLink Thunderboltアダプター ▶ ThunderboltやFibre Channel, Ethernet, SAS/SATA to Thunderbolt 2/3アダプター

 ATTOはこの他にも、ソフトウェアソリューションとしてFibre Channel HBAやThunderboltアダプターのマルチパス機能をカスタマイズできる「ATTO Multipath Director」やストレージ用の「ATTO ConfigTool」などの動作環境も行ったそうなので、ラック版のMac Pro (2019)で計算/レンダリング・クラスタなどを構成される予定のある方はチェックしてみてください。

Mac Pro (2019)のラックバージョン