AgileBits、自動入力機能にRustとWebAssemblyを採用した1Passwordサービスと連携できるブラウザ拡張機能「1Password X v1.17」をリリース。

スポンサーリンク

 AgileBitsがRustとWebAssemblyをを採用した1Passwordサービスと連携できるブラウザ拡張機能「1Password X v1.17」をリリースしたと発表しています。詳細は以下から。

1Password v7 for Mac

 カナダのAgileBitsは現地時間2019年12月05日、ネイティブ・クライアントをリリースしていないLinuxやChrome OSなどのプラットフォームでもブラウザを介して1Password.comサービス内の情報を管理できるブラウザ拡張1Password Xをv1.17へアップデートし、自動入力機能(filling brain)をRustとWebAssemblyで再構築したと発表しています。

Rust and WebAssembly

In 1Password X 1.17, we’ve completely rewritten the brain in Rust and WebAssembly. Rust gives us a boost in both speed and portability – making it smarter, faster, and more embeddable in all our apps.

1Password X 1.17: New brain, new menu, and even more accessible – 1Password

 AgileBitsは今年05月にリリースした1Password X v1.15でWebAssemblyを採用し、サイト内の入力フィールドの検出と入力が以前の2倍、複数フィールドの場合Chromeでは13倍、Firefoxでは39倍高速になったと発表していましたが、v1.17ではRust-based WASMにより入力機能がより正確になり、これはMarkdown(pulldown-cmark)とタイムベースのワンタイムパスワード(TOTP)生成にも影響しているそうです。

Markdownとワンタイムパスワード

 また、1Passowrd X v1.17では自動入力機能に「(入力候補を)このページでは表示しない」オプションが追加され、インラインアイコンとメニューを表示しないようにすることが可能になったほか、Googleへのログイン時にはインラインメニューの上部にGoogleアカウントが表示されるようにソートする機能が追加されているそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Hide on this page

1Password X v1.17の新機能

  • NEW“Hide on this page” option stops the inline icon and menu from appearing on specific pages until you restart your browser. {#227}
  • NEWBrand new filling brain written in Rust-based WASM provides greatly improved saving and filling logic and more!
  • NEWAlong with our Rusty filling brain improvements, Markdown and TOTP generation are handled by Rust-based WASM packages. 🦀🕸
  • NEWShiny new and improved inline menu.