Microsoft、iOS/iPadOS 13以降でダークモードに対応したWord、Excel、PowerPoint、OneNote for iOSをリリース。

スポンサーリンク

 MicrosoftがiOS/iPadOS 13以降でダークモードに対応したWord、Excel、PowerPoint、OneNote for iOSをリリースしています。詳細は以下から。

2019 Office 365 for Mac Word New Icon

 Microsoftは現地時間2019年10月15日、同社のオフィススイート「Word」および「Excel」、「PowerPoint」とデジタルノートアプリ「OneNote」のiOS版をv2.30へアップデートし、今年08月にアナウンスしていたとおりiOS 13/iPadOS 13以降でアプリの外観を暗くできる「ダークモード」に対応したと発表しています。

Office for iOS v2.30

  • 文章を新しい明るさで表示:ダーク モードを使用すると、目に優しく、作業にしやすい、新しい外観にできます。

リリースノートより

 Word、Excel、PowerPoint、OneNote for iOSのダークモードはiOS/iPadOSのシステムのアピアランスと同期するように設計されており、既にOutlook for iOSがv4.0.0で、macOS版はmacOS 10.14 MojaveとOffice 365 for Mac v16.20以降でダークモードに対応しているので、AppleOSではほぼ全てのMicrosoft Officeアプリがダークモードに対応したことになり、

ダークモードのWord for iOS

 OLEDディスプレイを採用しているiPhone XやXs、iPhone 11などのフラグシップモデルはダークモードの使用でピクセルの平均輝度「APL(Average Pixel Luminance)」が低くなり、少なからずバッテリーの消費量にも影響するそうなので、Officeユーザーの方は試してみてください。

iOS 13 Dark Modeで省電力化されるOLEDディスプレイ