macOS 10.15 Catalinaでは「emacs」がバンドルされなくなり、Emacsアプリは場合によってフルディスクアクセスが必要に。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaにはemacsがバンドルされていません。詳細は以下から。

emacs app for mac

 Appleは現地時間2019年10月07日、macOS 10.15 Catalinaを正式にリリースしましたが、このmacOS CatalinaではmacOS 10.14 Mojaveまでバンドルされていたテキストエディタ「GNU Emacs」バンドルされなくなりました

macOS 10.15 CatalinaにはGUN Emacsなし

/usr/bin/emacs

 これはmacOS CatalinaのBeta版から確認されており、バンドルされなくなった理由として定かではありませんが、macOS Catalinaからデフォルトシェルがbashからzshに変更されたのと同じように、GPLv3ライセンスのEmacsもバンドルから除外されたのではないかという意見が出ています。

VimがEmacsと比較して”Superior editor”とは思いませんが、macOS Mojaveまでにバンドルされていたemacs v22.1.1はmacOSバンドルのbashと同じく2007年にリリースされた非常に古いバージョンのため、Emacsユーザーからもあまり推奨されていないそうです。

 EmacsはmacOS 10.15 Catalinaのインストーラーにバンドルされなくなりましたが、HomebrewやEmacsformacosx.comのEmacs.appをダウンロードして利用することができるので、Emacsユーザーの方は確認してみてください。

Homebrewを使ったemacsインストール

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
brew install emacs
brew cask install emacs
独自ビルドなどの場合はシステム環境設定の[セキュリティとプライバシー]パネル → [プライバシー]で”/usr/bin/ruby”のフルディスクアクセスを許可してやる必要があります。(gist)
スポンサーリンク

おまけ

 また、macOS 10.15 Catalinaではemacs代わりに、Emacsライクで軽量なmgエディタ (MicroGnuEmacs)」が追加されているので、vi/vimになれていない方はこちらを使ってみてください。

MicroGnuEmacs

/usr/bin/mg

コメント

  1. 匿名 より:

    mgは以前から使っていたわ。標準搭載になったのは喜ばしい。

  2. 匿名 より:

    boildeggを使いたい人はmicro emacsは使わんでしょ。