米Anker、厚さ15mmで18W Power Delivery対応のUSB-Cと12W PowerIQ対応のUSB-Aポートを搭載した「PowerCore Slim 10000 PD」を発売。

スポンサーリンク

 米Ankerが厚さ15mmで18W Power Delivery対応のUSB-Cと12W PowerIQ対応のUSB-Aポートを搭載した「PowerCore Slim 10000 PD」を発売しています。詳細は以下から。

PowerCore Slim 10000 PD

 米Ankerは現地時間2019年07月09日、厚さ15mm(0.6 inch)でiPhone XSやGoogle Pixelを2回以上、iPad Pro 11インチを約1回フル充電可能な10,0000mAhのバッテリー容量を搭載した薄型モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD」を新たに発売すると発表しています。

PowerCore Slim 10000 PD dbrand Skin

Power up USB-C mobile devices at full speed with the 18W Power Delivery port, juice up via a 12W PowerIQ enabled USB-A port, or activate trickle-charging mode to handle low-power devices like Bluetooth headphones or speakers. The USB-C port also supports power input, allowing you to recharge your power bank almost 3x faster than with USB-A.

Anker PowerCore Slim 10000 PD – Amazon.com

 PowerCore Slim 10000 PDはポータブルバッテリーとしては初めて表面にdbrand Skinを採用し、iPhoneの高速充電にも対応した18W出力のPower Delivery対応USB-Cポートと12W出力のPowerIQ対応USB-Aポートを搭載(最大合計18W出力)。

Anker PowerCore Slim 10000 PD

 USB-Cポートは充電用ポートとしても機能し、バッテリー残量を確認できるブルーLEDホイールを搭載。USB-A急速充電器ではフル充電まで約9時間かかりますが、Power Delivery対応のUSB-C急速充電器を利用すれば最短3.5時間でフル充電することが可能となっているそうです。

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore
Slim 10000 PD
Anker PowerCore
10000 PD
外見 PowerCore Slim 10000 PD Anker PowerCore 10000 PD
バッテリー容量 10000mAh
充電回数 iPhone XSへ約2.4回
Pixel 3へ約2.1回
iPad Pro (2018, 11インチ)に約0.8回
iPhone XSへ約3回
Galaxy S9へ約2.5回
iPad Pro (2018, 11インチ)に約1回
残量表示 Blue LED Light-wheel LEDインジケーター
出力ポート USB Type-AとType-C 各1ポート
合計最大出力 18W 28W
USB-C 出力 PD出力:5V=3A / 9V=2A / 15V=1.2A
USB-A 出力 PowerIQ 出力:5V=2A
入力ポート USB Type-C (PD入力)
入力 PD出力:5V=3A / 9V=2A / 15V=1.2A
低電流モード搭載 サポート
重さ 約213g 約192g
サイズ 約150 x 67 x 15 mm 約114 x 52 x 25 mm
価格 不明 4,599円
リンク Amazon.com Amazon.co.jp

 スペック的には2019年03月に発売されたAnker PowerCore 10000 PDとほぼ同じで、厚さが15mmでiPhoneと合わせて持ち歩けそうですが、合計最大出力が18Wまでとなっているので複数のデバイスを同時に充電する際は時間がかかると思われます。

価格と発売日は一時39.99ドル/07月25日発送と記載されていましたが、現在は取り下げられているようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    種類が多すぎてわかりにくい