macOS 10.15 CatalinaでもGatekeeperのチェックなしに、すべてのアプリを起動するオプションは利用可能。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 CatalinaでもGatekeeperのチェックなしに未署名のアプリを起動するオプションは残っているようです。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 AppleはWWDC 2019にて、2019年秋にリリースする「macOS 10.15 Catalina」でGatekeeperの機能を強化し、Appleの公証サービスのチケットチェックやNSTask/execにもその範囲を広げますが、

WWDC 2019 All About Notarization

このmacOS 10.15 CatalinaでもAppleが2016年にリリースしたmacOS 10.12 SierraからGUI的に廃止した(App Store外からダウンロードした)すべてのアプリケーション(の実行)を許可するオプションを利用することが出来るそうです。

macOS 10.15 CatalinaとmacOS 10.12 SierraのGatekeeper

クリックで拡大[WWDC 2016 – Session 706より]

スポンサーリンク

Gatekeeperにすべてのアプリの実行を許可する

 macOS Sierraでシステム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] → [一般]タブから消えた「すべてのアプリケーションを許可」するオプションは以下の”spctl”コマンドで確認&許可可能で、

Gatekeeper spctl --master-disable

  • Gatekeeperのステータス確認
  • spctl --status
  • Gatekeeperにダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可
  • spctl --master-enable
  • ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可しない
  • spctl --master-disable

これを有効にしておかないと、拡張されたGatekeeperによりFirefoxのアップデーターなど一部のアプリ(NSTask/exec)が実行できない問題が確認されているので、macOS Catalinaを試される方は注意してください。

おまけ

 AppleはGatekeeperを無効にすることなく、特定のアプリのみをGatekeeperのチェック無しに許可するオプションをコンテキストメニューの[開く]に実装していますが、アップデーターなどはこれができないため、上記のオプションを利用する必要があります。

macOS 10.15 Catalinaの開く