Apple、iMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)のメモリ仕様を変更。Core i3モデルのメモリクロックは2,400MHzまでで、27インチはCL値に注意。

スポンサーリンク

 AppleがiMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)のメモリ仕様を変更しています。詳細は以下から。

iMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)

 Appleは現地時間2019年04月12日、03月19日に販売を開始したIntelの第8世代Coreプロセッサ(Coffee Lake)搭載のiMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)の仕様に間違いがあったとして、公式サイトのメモリ仕様を変更しています。

iMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019) 仕様

クリックで拡大

 仕様に間違いがあったのはiMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)のCore i3モデルで、発売時はクロック周波数2,666MHzのDDR4メモリが搭載されていると記載されていましたが、これはクロック周波数2,400MHzが正しく、この仕様変更は同iMacに搭載されているIntel Core i3とi5の仕様の違いによるものだそうです。

Intel® Core™ i3-8100 Processor

iMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)

iMac 4K Model Core
Thread数
Base
Turbo Boost
Hyper
Threading
L3 Cache Memory
Types
TDP リンク
ベースモデル i3-8100 4/4 3.6GHz
TBなし
なし 6MB DDR4-2400 45W Ark.Intel
上位モデル i5-8500 6/6 3.0GHz
TB4.1GHz
9MB DDR4-2666 65W Ark.Intel
CTOモデル i7-8700 6/12 3.2GHz
TB4.6GHz
あり 12MB Ark.Intel

 iMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)モデルのメモリは27インチモデルと違い、ユーザーがメモリをアップグレードすることは出来ないため、あまり大きな問題ではないと思いますが、Appleは既にAASPに対してもこれを通知しています。

スポンサーリンク

おまけ

 また、非公式ながら128GBメモリでの動作確認がされたiMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)については仕様の修正はありませんが、iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)についても異なるCL値や容量のメモリを混在するとクロック周波数が2,400MHzになるそうで、

iMac 2019 Cas Latency

CL16のCrucial製メモリなどを購入し、アップグレードしたユーザーからはクロック周波数が2,666MHzから2,400MHzに下がるという報告が複数[1, 2, 3]報告されているので、メモリをアップグレードされる方は注意してください。

CL値が異なるメモリを挿入した例。

 *iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)に搭載されているSK Hynix製メモリのCL値は「CL19」で、正しいメモリが接続されている場合、macOSの[このMacについて]またはシステム情報アプリの[メモリ]のクロック周波数(速度)が「2667MHz」と表示されます。

CL値が同じOWCのメモリが挿入された例。
  • iMac – Apple(日本)