Panic、MacネイティブなWebエディタ「Coda」の次期バージョンのプレビュー版を2019年末にも公開。

スポンサーリンク

 PanicがWebエディタ「Coda」に代わる全く新しいMacネイティブのWebエディタのプレビュー版を2019年末にも公開すると発表しています。詳細は以下から。

米オレゴン州のソフトウェア会社Panic, Inc.が販売しているWebエディタ「Coda」のロゴ。

 米オレゴン州のソフトウェア会社Panic, Inc.は現地時間2019年03月13日、同社が2007年に公開しAppleのDesign AwardでBest Mac OS X User Experienceを受賞したMacネイティブのWebエディタ「Coda」の次期バージョンを現在開発中だと発表しています。

The competition is free. The industry is moving fast. And we’re making a brand-new, fully native, web development editor just for the Mac.
And, it won’t be called Coda.
Yes, the next Coda is so different it won’t even be called Coda.

Panic – What’s Next for Coda?

 Panicは昨年、クラウドベースのドキュメントエディタCoda.io (Coda Project)」とCodaという名称について話し合い、現在「Coda」という名称はCoda Projectが所有しているため新しいWebエディタは「Coda」とは呼ばず、Coca 2に搭載されているMySQLクライアントやビジュアルCSSエディタなどの一部の機能も組み込まれないそうですが、

Webエディタ「Coda」

新しいWebエディタはMacネイティブでエディタやサイドバー、ターミナルなどが刷新/新機能が追加され、Coda 2と比較してファイルの構文解析やプロジェクトのインデックスが最大40倍速くなっているそうです。

Later this year, we’ll be releasing a preview of our next Mac web editor, one you can try for yourself.

Panic – What’s Next for Coda?

 Panicの新しいWebエディタは今年の冬にプレビュー版が公開される予定で、公式サイトにはサインアップページが用意されており、現在も販売&アップデートが続いているiOS版「Coda」についてもnot deadとのことなので、今後なにか発表があるかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    周りではVS codeに乗り換えてる人が多い感じするけど…