作成したElectronコードを簡単に実行&チェックすることが出来るクロスプラットフォーム対応のPlaygroundアプリ「Electron Fiddle」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 作成したElectronコードを簡単に実行&チェックすることが出来るクロスプラットフォーム対応のPlaygroundアプリ「Electron Fiddle」がリリースされています。詳細は以下から。


 ElectronコミュニティーのFelix Riesebergさんは現地時間2018年08月11日、JSFiddleGlitch, CodePenといったHTML/CSS/JavaScriptコードを試し共有することが出来る、いわゆるCode PlaygroundsサービスをElectronフレームワークまで拡張したPlaygroundアプリ「Electron Fiddle」を新たに公開したと発表しています。

Introducing Electron Fiddle
Today, we’re releasing a first version of Electron Fiddle, an attempt to bring the same playfulness to cross-platform desktop development with Electron. You can download it here, but do read on for some of its more exciting features.

Introducing Electron Fiddle – Felix Rieseberg – Medium

 Electron Fiddleはその名の通りElectronフレームワークをいじりながらElectronの使い方を学べるアプリで、エディタはJavaScriptやElectron APIのオートコンプリートに対応し、作成したプロジェクトはGitHub Gistへの共有

electron-forgeを利用してコンパイル&パケージ化することも可能で、Electronのバージョン管理と選択もGUIで簡単に行うことが出来るようになっています。Electron Fiddleは現在開発段階で、不具合やフィードバックを受け付けているそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。