Parallels、macOS Mojaveのダークモードに対応したリモートデスクトップ・クライアント「Parallels Client」をリリース。

スポンサーリンク

 ParallelsがmacOS Mojaveのダークモードに対応したリモートデスクトップ・クライアント「Parallels Client」をリリースしています。詳細は以下から。

Parallels Client

 仮想化ソリューションParallelsシリーズを開発しているParallels, Inc.は現地時間2018年12月10日、Parallels Remote Application Server (RAS)に対応したリモートデスクトップ・クライアント「Parallels Client」をv16.5.20585へアップデートし、macOS Mojaveのダークモードに対応したと発表しています。

Parallels Client

Parallels Client バージョン 16.5.20585

  • New: Support Dark Mode on macOS 10.14 Mojave.
  • New: Connect automatically to a newly registered RAS farm.
  • Fixed: Published applications launching via URL Schema commands.
  • Fixed: Impossible to restore minimised windows for some published applications.

Parallels Client – Mac App Store

 また、Parallels Client v16.5.20585では新しいRASへの自動接続機能も追加されており、Microsoftも現在Insiderユーザー向けに公開している「Microsoft Remote Desktop v10.2.x Beta」でダークモードへの対応を行っているので、ダークモードに対応したOffice for Macと同じく近くリリースされると思われます。

Microsoft Remote Desktop