Lemke Software、「GraphicConverter 10」でmacOS 10.14 Mojaveのダイナミックデスクトップ用壁紙のエクスポートに対応。

スポンサーリンク

 Lemke Software、「GraphicConverter 10」でmacOS 10.14 Mojaveのダイナミックデスクトップ用壁紙のエクスポートに対応。ます。詳細は以下から。

GraphicConverterのアイコン

 GraphicConverterはドイツLemke Software GmbHが1992年から開発しているMac用画像変換&管理ツールで、2016年には顔認識やAppleのLive Photos機能をサポートしたGraphicConverter v10がリリースされましたが、このGraphicConverterが09月21日にリリースされたバージョン10.6.4で、AppleがmacOS 10.14 Mojaveで採用した時刻に合わせてデスクトップ壁紙を変化させる「ダイナミックデスクトップ」機能用の壁紙を作成する機能を搭載しています。

GraphicConverter v10のダイナミックデスクトップ・エクスポート

GraphicConverter v10.6.4 新機能

  • Mojave(10.14)ダークモードのサポート
  • ブラウザのコンテキストメニュー:ダイナミックデスクトップのエクスポート(macOS10.14以降)

リリースノートより

 ダイナミックデスクトップ用の壁紙の作成はGraphicConverter v10.6.4以上で16枚の壁紙を選択し、コンテキストメニューか⚙メニューから[エクスポート] → [ダイナミックデスクトップ]を選択するだけで、作成された「dynamicdesktop.heic」を以下のディレクトリに移すと、macOSのシステム環境設定アプリ[デスクトップとスクリーンセーバー]でダイナミックデスクトップ壁紙として選択できます。

GraphicConverter v10.6.4のダイナミックデスクトップ機能

/Library/Desktop Pictures

 GraphicConverter v10の価格は39.95ドル/4,800円ですが、公式サイトにはトライアル版が公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    GraphicConverterはAdobeCC持っていても、たまに使う地味だけれど便利なソフトだな。