macOS MojaveのダークモードやSVGフォントをサポートし、Core MLでの写真自動修正機能が強化された「Pixelmator Pro 1.2 Quicksilver」がリリース。

スポンサーリンク

 Pixelmator TeamがmacOS MojaveのダークモードやSVGフォントをサポートし、Core MLでの写真補正機能を強化されたMac用グラフィックスツール 「Pixelmator Pro 1.2 Quicksilver」をリリースしています。詳細は以下から。

Pixelmator Proのアイコン

 Mac/iOS用アプリPixelmatorシリーズを開発しているリトアニアのPixelmator Teamは現地時間2018年10月18日、Appleの機械学習技術「Core ML」やグラフィックスAPI「Metal 2」などをサポートしたMac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro」の最新バージョンとなる「Pixelmator Pro v1.2」、コードネームQuicksilverをリリースしたと発表しています。

Pixelmator Pro 1.2 Quicksilverの新機能

Pixelmator Pro 1.2 Quicksilver adds full support for macOS Mojave, includes a gorgeous new light appearance, Core ML-powered automatic photo enhancement, batch processing via Automator, and more.

Pixelmator Pro – Pixelmator Team

スポンサーリンク

SVGフォント

 AppleはiOS 12およびmacOS 10.14 MojaveでシステムレベルでSVGフォントをサポートし、Safari v12ではAdobeのEmojiOne ColorなどのOpenType-SVG(カラー)フォントが表示できるようになっていますが、Pixelmator Pro 1.2 Quicksilverのテキスト入力もこのSVGフォントを利用した表現が可能になりました。

Pixelmator Pro 1.2 QuicksilverがOpenType-SVGフォントをサポート

連携カメラ

 また、Pixelmator Pro 1.2 QuicksilverではiOS 12およびmacOS 10.14 MojaveへアップグレードしたiOSデバイス&Macで、iOSデバイスで撮影した写真やスキャンした書類を直接アプリに転送して利用できる連携カメラ(Continuity Camera)」機能もサポートされています。

Pixelmator Pro 1.2 QuicksilverとContinuity Camera

Continuity Cameraの利用にはApple IDでiOSデバイスとMacを紐づけする必要があります。

ライト/ダークモード

 Pixelmator Proはこれまで、ダークアピアランスで提供されてきましたが、v1.2 Quicksilverではアプリの環境設定からライトまたはダークアピアランスを選択できるようになっており、macOS 10.14 Mojaveではシステムのアピアランスと連動させることも可能です。

Pixelmator Pro 1.2 Quicksilverのライトモード

Automator

 PixelmatorシリーズはこれまでもmacOSのAutomatorをサポートしてきましたが、Pixelmator Pro 1.2 QuicksilverではこのAutomatorのアクションに写真のカラー調整やエフェクト、ホワイトバランスの自動調整、フォーマットの変更といった5つのバッチ処理が追加されています。

Pixelmator Pro 1.2 QuicksilverがAutomatorアクションをサポート

CoreML

 Pixelmator ProはAppleの機械学習技術「CoreML」を利用し、写真レイヤーに写っているモノを判定し自動的にレイヤー名を付けてくれる機能や写真内に写るオブジェクトのクイック検出や自動調整機能が実装されていましたが、Pixelmator Pro 1.2 Quicksilverでは数百万の写真から学ばせた写真の自動修正機能[ML Enhance]が利用できるようになっています。

 Pixelmator Pro 1.2 Quicksilverのリリースノートは以下の通りで、09月から開催している50%OFFのBack-to-Schoolセールを現地時間の2018年10月26日(金曜日)まで行っているそうなので、興味のある方は公式サイトに公開されているトライアル版を利用してみてください。

リリースノート

New Features

  • Pixelmator Pro is now fully compatible with macOS Mojave.
  • A gorgeous new light appearance lets you experience Pixelmator Pro in a whole new way — change appearance any time in Pixelmator Pro preferences.
  • Use ML Enhance to automatically improve the look of any photo using a machine learning algorithm trained on millions of professional photos.
  • Batch process images using five powerful Pixelmator Pro actions in the Automator app — Apply Color Adjustments to Images, Apply Effects to Images, Auto Enhance Images, Auto White Balance Images, and Change Type of Images.
  • Create even richer, more vibrant graphics and designs with colorful SVG fonts — the Gilbert Color font is included with this update.
  • Thanks to support for the Continuity Camera, you can now take pictures using your iPhone and have them instantly appear in the Pixelmator Pro document you’re editing.

Improvements

  • The Pixelmator Pro interface has been refined to more closely match the look of macOS in both light and dark mode.
  • Accent color support means the buttons and sliders in Pixelmator Pro will now match your preferences.
  • You can now change the color of the Pixelmator Pro window background in Pixelmator Pro preferences.
  • The Pixel Paint tool now has an Eraser Mode.

Fixes

  • After hiding and showing the Pixelmator Pro Tool Options pane, certain buttons would not be updated when using the Arrange tool. Fixed,
  • When scrolling inside the brush size text field to resize the retouching and distort tools, the ratio between the brush size and scroll speed was incorrect. Fixed.
  • When opening images with no PPI information, the PPI will now be set at 72 by default, rather than 150.
  • Closing a document while using the Quick Selection tool would occasionally cause Pixelmator Pro to quit unexpectedly. Fixed.
  • The Color Selection tool was not working correctly in all images. Fixed.