Google、Chrome v69のOmniboxで「www/m」サブドメインが消える問題を修正し、「www」についてはv70で再度削除予定。

スポンサーリンク

 GoogleがChrome v69をアップデートしOmniboxでwww/mのサブドメインが消える問題を修正したと発表しています。詳細は以下から。

Google Chromeのロゴ

 Googleは現地時間2018年09月11日、WebブラウザGoogle ChromeのStable Channelを更新し、新たに「Chrome v69.0.3497.92 for Windows, Mac, Linux」をリリースしたと発表しています。このバージョンでは2件の脆弱性が修正されたほか、前バージョンで非表示になっていたOmnibox(アドレスバー)の.www/mサブドメインがデフォルト設定でも表示されるようになっています。

Google Chrome v69.0.3497.92 for Mac

The stable channel has been updated to 69.0.3497.92 for Windows, Mac, and Linux, which will roll out over the coming days/weeks.

Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop – Google Blog

 また、The Chromium ProjectsのEmily Schechterさんによると、Googleはコミュニケーションのフィードバックを受けてChrome v69で”www”および”m”サブドメインを非表示にする機能をDesktopおよびAndroid版でロールバックすることを決めたそうですが、

In Chrome M69, we rolled out a change to hide special-case subdomains “www” and “m” in the Chrome omnibox. After receiving community feedback about these changes, we have decided to roll back these changes in M69 on Chrome for Desktop and Android.

In M70, we plan to re-ship an adjusted version: we will elide “www” but not “m.” We are not going to elide “m” in M70 because we found large sites that have a user-controlled “m” subdomain. There is more community consensus that sites should not allow the “www” subdomain to be user controlled.

883038 – Feedback: Eliding www/m subdomains – chromium – Monorail

Chrome v70では”m.”は消さないものの、”www”サブドメインについては非表示にする方向で適切な標準化団体やユーザーコミュニティからの議論を受け付けているそうなので、サブドメインが非表示になると困る方は以下の以下の設定(Flags)を無効[Disable]にしておくことをお勧めします。

chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains

コメント

  1. 匿名 より:

    何も消さずフル表示でいいよ