2018年後半にリリースを予定しているMac/iOS用RSSリーダー「Reeder v4」は新しいアプリとして販売され、「Reeder v3」は引き続き利用可能。

シェアする

スポンサーリンク

 2018年後半にもリリースを予定しているMac/iOS用RSSリーダー「Reeder v4」は新しいアプリとして販売され、「Reeder v3」は引き続き利用可能となるそうです。詳細は以下から。


 Mac/iOSに対応したRSSリーダー「Reeder」アプリ・シリーズを開発&販売しているスイスSilvio Rizziは昨日、今年後半にも約3年ぶりのメジャーアップデートとなる「Reeder v4」をリリースすると発表し、それまでの間「Reeder v3」を無償化するとコメントしていましたが、新たに「Reeder v4」は新しいアプリとして販売されるというコメントを出しています。

 また、Reeder v4はサブスクリプション制ではなく、買い切り(buy once)のアプリで、Reeder v4が新しいアプリとしてリリースされることで「Reeder v3」は今後も利用できるそうなので、Mac/iOS同期対応のRSSリーダをお探しの方は試してみてください。

Reeder v4