Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」でmacOS 10.13 High Sierraの疑似ダークモードが利用可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」がアップデートし、macOS High Sierraで疑似ダークモードを有効にできる機能を追加しています。詳細は以下から。

High Sierraに対応したOnyXのアイコン

 Appleは2018年秋にリリースするmacOS 10.14 Mojaveでシステムのアピアランスを暗くすることが出来るダークモードをサポートしますが、フランスのTitanium SoftwareがmacOS 10.13 High Sierraでこのダークモードを擬似的に利用できるようにするオプションを追加した「OnyX v3.4.6」を公開しています。

OnyX version 3.4.6

  • New option: Turn on/Turn off Dark Mode
  • Deleting the browsers’ history improved
  • Deleting the applications cache improved
  • Deleting the logs improved

OnyX – Titanium Software

 macOS 10.13 High Sierraでのダークモードは単にNSWindowDarkChocolateを有効にするだけで、ダークモード用のグリフやUIエレメントが含まれていないため、あまり見やすくないですが、雰囲気だけでも味わいたい方は試してみてください。

  • OnyX – Titanium Software