Spigen、iMac G3やiPhone 2GデザインのiPhone X用ケース「Classic C1」および「Classic One」の発売キャンペーンをIndiegogoで開催。

スポンサーリンク

 SpigenがiMac G3やiPhone 2GデザインのiPhone X用ケース「Classic C1」および「Classic One」の発売キャンペーンをIndiegogoで開催しています。詳細は以下から。

Spigen Classic C1

 スマートフォン向けアクセサリーを開発&販売している米Spigenは現地時間2018年05月14日、Appleが1997年に発売したiMac G3や、2007年に発売したiPhone 2Gのデザインを模したiPhone X用ケース「Classic C1」および「Classic One」の発売キャンペーンをクラウドファンディングサイトIndiegogoで開催しています。

Spigen revisits the classics and brings them back into a modern technology. Inspired by Apple’s iconic iMac G3 and the first iPhone, Spigen introduces familiar but extraordinary designs.

  • Classic C1 limited edition case.
  • Classic One, inspired by iPhone 2G.
  • Essential® F306W Wireless Charger.

Classic C1: iPhone X case inspired by iMac G3 – Indiegogo

スポンサーリンク

Classic C1とOne

Classic C1

 Classic C1は今年でシリーズ発売20周年を迎えるiMacの「iMac G3」をベースに下デザインで、カラーはBondi blue, Graphite、Snow、Sage、Rubyが用意されており、

ケース素材は内装がTPUで外装なポリカーボネイト製となっており、iPhone Xを落下の衝撃から守るDual-Layerd ProtectionとAir Cushion構造が採用され、Dual-Layerの外装はAppleのロゴも保護してくれるようです。

Classic One

 また、Classic OneはiPhone XをiPhone 2Gデザインにしてくれるケースで、IndiegogoキャンペーンではC1とOneがセットになった限定モデル”Classic Edition Bundle”も用意されているそうです。

 Integogoでのキャンペーンでは通常販売価格40ドルのClassic C1を1つ22ドルから購入できる他、Classic OneとC1のセットは35ドルからでワイヤレス充電器F306Wとのセットモデルも用意されておりEarly Birdユーザーは6月にも商品を手に入れられるそうで、朝05時の段階で既にいくつかのセットモデルは売り切れとなっているので、興味のある方は確認してみてください。