レンダリングエンジンを改善しプラグイン用ストア「Hyper Store」をサポートしたElectron製ターミナルアプリ「Hyper v2」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 レンダリングエンジンを改善しプラグイン用ストア「Hyper Store」をサポートしたElectron製ターミナルアプリ「Hyper v2」がリリースされています。詳細は以下から。

 Hyper(旧HyperTerm)はGuillermo Rauchさんらが設立したサンフランシスコの企業ZEITが2016年から開発&公開しているターミナルアプリで、ElectronおよびNode.jsを採用しクロスプラットフォームに対応していますが、このHyper v2.0.0へアップデートし新たにパフォーマンスの改善や新機能を追加しています。

We are pleased to announce Hyper 2, featuring:

  • A new high-performance Canvas based rendering engine
  • An online catalog of plugins and themes
  • The hyper CLI to install plugins and themes with one command
  • Improved keymaps support
  • Improved support for hyperlinks

リリースノートより

スポンサーリンク

Hyper v2の新機能

 Hyper v2では新たにレンダリングエンジンとしてJavaScriptベース「Xterm.js 3.0」が採用され、v1.xで採用されていたhtermとxterm 2.0で問題となっていた多数の出力に対する表示が改善された他、

新機能としてプラグインやテーマをダウンロードできるカタログサイトHyper Storeやそれに付随するCLI”hyper”コマンドがサポートされているので、興味のある方は利用してみてください。