Mac用キーボードユーティリティ「Karabiner-Elements v12.0.0」がリリース。El Capitanのサポートが終了しVirtual Keyboardの互換性が向上。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用キーボードユーティリティ「Karabiner-Elements v12.0.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Karabinerアプリのアイコン

 Karabiner-ElementsはTakayama Fumihikoさんが開発&公開しているキーボードのキーリマップやカスタマイズが出来るMac用ユーティリティですが、このKarabiner-Elementsが現地時間2018年04月12日付でv12.0.0へアップデートされています。

Karabiner-Elements v12.0.0

About v12.0.0 Update

  • [Important] macOS 10.11 support has been dropped.Karabiner-Elements works on macOS 10.12 (Sierra) or later.
  • [Improved] The virtual keyboard compatibility has been improved.
  • [Important] `Keyboard type` in the virtual keyboard preferences has been removed. (Adverse effect of virtual keyboard improvement.)
  • [Important] `Caps Lock Delay` in the virtual keyboard preferences has been removed. (Adverse effect of virtual keyboard improvement.)
  • [Important] EventViewer has been improved showing the correct key name for PC keyboard keys and international keys.
  • [New] Added `simultaneous_options.key_down_order`, `simultaneous_options.key_up_order` and `simultaneous_options.to_after_key_up`.

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

Karabiner-Elements v12

 Karabiner-Elements v12.0.0ではOS X 10.11 El Capitanのサポートが終了し、macOS 10.12 Sierra以降にのみインストールが可能になっている他、Virtual Keyboardの互換性が向上し、[Virtual Keyboard]タブからキーボードタイプを選択する設定が無くなり、

Karabiner-Elements v12で非サポートとなったOS X 10.11 El Capitan

これに伴い、アップデート後には「キーボード設定アシスタント」が開くようになっており、ISO/JISキーボードを利用されている方はここでキーボードの変更を再設定する必要があるそうです(Tweet, Support)。

キーボード設定アシスタントをクローズしてしまった方は、システム環境設定アプリの[キーボード] → [キーボード]タブ → [キーボードの種類を変更…]から再表示&設定できます。