Apple、macOS 10.13.4 High Sierraでsoftwareupdateコマンドに「restart」オプションを追加。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.13.4 High Sierraでsoftwareupdateコマンドに「restart」オプションを追加しています。詳細は以下から。

ターミナルのアイコン。

 macOSにはMac App Store経由で配布されているアップデートや、XProtectやGatekeeperなどいわゆるサイレントアップデート形式のアップデートをコントロールするコマンドラインツールsoftwareupdateがありますが、本日リリースされたmacOS 10.13.4ではこのsoftwareupdateコマンドに「restart」オプションが追加されています。

macOS 10.13.4でアップデートされたsoftwareupdateコマンド

softwareupdate -h
 	-i | --install		Install	
		-R | --restart		Automatically restart (or shut down) if required to complete installation.

 restartオプションはその名の通り「公開されているhogehogeアップデートをインストール後にMacを再起動する」オプションで、”-i”(install)オプションの中で利用でき、以下の様に管理者権限で実行すればソフトウェアアップデート後にMacを自動で再起動してくれるので、リモートでMacを管理されている方などには役立つオプションだと思います。

Automatically restart (or shut down) if required to complete installation.

softwareupdate --install --all --restart
softwareupdate --install XProtectPlistConfigData-1.0 --include-config-data -restart
softwareupdate -i -a -R
アップデートがない場合には実行されません。