Automattic、クロスプラットフォーム対応のノートアプリ「Simplenote for macOS」をv1.3ヘアップデートしMarkdownをサポート。

スポンサーリンク

 AutomatticがMarkdownをサポートしたクロスプラットフォーム対応のノートアプリ「Simplenote for macOS v1.3」をリリースしています。詳細は以下から。


 SimplenoteはWordPress.comやJetpackを開発・運営しているAutomattic, Inc.が開発しているクロスプラットフォーム対応のデジタルノートアプリで、2016年08月にオープンソース(GPL v2.0)化され開発が続いていますが、このSimplenote for macOSが現地時間2018年02月20日に公開されたv1.3アップデートでMarkdownをサポートしたと発表しています。

Markdown Support Added in Latest macOS App Update

We’re excited to announce today that Simplenote for macOS 1.3 now supports Markdown. Also included is something new for a Simplenote app: the ability to see a live preview in the note editor of basic Markdown text formatting such as bold, italic, headings, etc:

Markdown Support Added in Latest macOS App Update – Simplenote

 Simplenote for macOS v1.3ではMarkdown形式のノートを目のアイコン(👁)からプレビューできようになったほか、Aboutウィンドウが他のプラットフォームと統一化され、Command + Tでサイドバーの表示/非表示が切替えられるようになっているので、ユーザーの方はアップデートしてみて下さい。

Simplenote v1.3の新機能

Simplenoteの同期機能を利用するにはアカウントの作成が必要ですが、ノートのバージョン管理機能や各プラットフォーム対応(Windows/Mac/Linux/iOS/Android)に加え、ブラウザ(Web版)からも利用出来ます。