Apple、Safari v11.1でサポートするService Workersの仕様変更などを行った「Safari Technology Preview 49」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがSafari v11.1でサポートするService Workersの仕様変更などを行った「Safari Technology Preview 49」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2018年02月07日、次期Safariへの採用が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safari「Safari Technology Preview(以下STP)」の49度目のアップデートとなる「STP 49」を新たに公開したと発表しています。

Feb 7, 2018 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 49 is now available for download for macOS Sierra and macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 227071-227873.

Release Notes for Safari Technology Preview 46 – WebKit

 Appleは先日、macOS 10.13.4 betaおよびiOS 11.3 betaを開発者に公開すると同時に、これらのアップデートに含まれる「Safari v11.1」の新機能を発表しましたが、

Highlights of Safari 11.1

  • Service Workers. Implement background scripts for offline web applications and faster web pages.
  • Payment Request. Provide a consistent user payment experience in Safari using a standards-based API.
  • Security Improvements. Improved protection against memory corruption and code execution attacks.
  • Web Inspector Updates. New designs for the Network Tab and the Styles sidebar in the Elements Tab.

本日リリースされたSTP v49ではSafari v11.1にも実装されるブラウザがWebページとは別にバックグラウンドで実行するスクリプト「Service Workers(ServiceWorker API)」が応答しない場合にService Workerプロセスを終了させるなどの仕様変更が行われており、

Added support for percentages in column-gap

CSSではcolumn-gapでの%指定、CSSメディアクエリでのcalc()サポートなどが行われている他、レンダリングやSVG、JavaScript、Web Inspector、Media、Storageなどの不具合修正が行われています。