Apple、iOS 11.3のプレビューを公開。ARKitやアニ文字がアップデートされ、パフォーマンスに影響を与える電源管理機能をユーザーが設定可能に。

スポンサーリンク

 AppleがiOS 11.3のプレビューを公開しています。詳細は以下から。

iOS 11のロゴ。

 Appleは現地時間2018年01月24日、本日開発者向けにBeta版を公開し2018年春にも正式に公開を予定している「iOS 11.3」の新機能や機能のアップデートなどを紹介する「iOS 11.3プレビュー」をNewsroomで公開しています。

iOS 11.3をプレビュー

今春、ARKit、メッセージ、その他の機能が大幅にアップデート

Apple、iOS 11.3をプレビュー – Apple

スポンサーリンク

ARKit

 iOS 11.3では新たにAppleの仮想現実用フレームワークARKitがv1.5へアップデートされ、以下の様にポスターやカンバン、図版などのアートワークをインタラクティブなARに変えて体験することが可能になるそうです。

iOS 11.3のARKit

iOS 11と共に登場したARKitにより、拡張現実はiPhoneやiPadをお使いの何億人もの方々の手に届けられ、iOSは世界最大のARプラットフォームへと進化しました。Appleは引き続き、このエキサイティングなテクノロジーの革新に挑み、これまで以上に現実世界と一体化して目眩くような没入感にあふれるAR体験を実現するARKit 1.5を用意し、これを新世代のARアプリケーションを生み出すパワーを備えたツールとしてデベロッパに提供することにしました。

Apple、iOS 11.3をプレビュー – Apple

新しいアニ文字

 また、iOS 11.3では新たにライオン、熊、ドラゴン、および頭蓋骨の新しいアニ文字4種類が追加されるそうで、iPhone XのA11 BionicチップとTrueDepthカメラを利用すればアニ文字を使ってカラオケを歌うビデオまで作れるようです。

iOS 11.3では4種類の新しいアニ文字が追加され、iPhone Xユーザであれば、ライオン、熊、ドラゴン、頭蓋骨を使って自分を表現できるようになります。iPhone Xが搭載するA11 BionicチップとTrueDepthカメラの働きにより、50以上の異なる表情筋の動きが捕捉·分析されてアニメーションデータが作られ、これを16種類のキャラクターのひとつに当てはめて、アニ文字メッセージを送れるようになります。

Apple、iOS 11.3をプレビュー – Apple

バッテリー

 Appleは現在、iOS 10.2.1でiPhoneが突然シャットダウンする問題に対し新しい電源管理機能を追加し、それによりバッテリーが劣化したiPhoneではパフォーマンスが落ちるとして、ユーザーに対しこの機能を説明して導入しなかったことを謝罪し、バッテリーの交換金額を減額して提供していますが、iOS 11.3では新たにこの電源管理機能をユーザーの判断でオフにすることが可能になるそうです。

さらに、iOS 10.2.1より導入された、iOSデバイスの最大パフォーマンスを動的に管理して予期しないシャットダウンを避ける電源管理機能がオンになっているのを確認して、これを利用者の判断でオフにすることが可能になります。

Apple、iOS 11.3をプレビュー – Apple

 加えて、iOS 11.3ではバッテリーの健康状態をユーザーに伝える新機能が設定アプリに追加され、Business Chatやヘルスケアアプリ、Apple Music、Apple News、HomeKit、Advanced Mobile Locationのアップデートなどが行われると発表されています。